確定拠出年金相談ねっと

有料相談お申し込み 03-6215-8312 【電話受付時間】平日9:00-18:00
MENU

Yahoo!知恵袋ベストアンサー集

2016年 06月 23日

今現在の会社では、拠出金額が給与から控除されます。

確定拠出年金の専門家として、ヤフー知恵袋さんにて回答をしております

以下の記事がベストアンサーに選ばれました

chiebukuro.yahoo.co.jp/my/yc_ogweh

【質問】

確定拠出年金(企業型)について質問です。
今現在の会社では、拠出金額が給与から控除されます。

(給与明細の項目で、拠出金額分がそれらしい名前で一旦支給されるが、
その分だけ、基本給から控除される相殺される仕組み。拠出金額は個人設定。)
これって、形式上、拠出金額が会社から拠出されているように見えますが、
結局は、個人が負担していると思います。

このような形式はのものは、確定拠出年金(企業型)と言えるのでしょうか?

なお、以前の会社では、給与以外で、控除もされないで、
拠出金額が会社から拠出されていました。(役職に応じて)

【回答】

確定拠出年金相談ねっとを主宰しておりますファイナンシャルプランナーの山中伸枝です

おっしゃっている仕組みはおそらく「選択制」と呼ばれる仕組みで企業型確定拠出年金の制度設計のひとつです

昨年三井住友銀行で導入されたのもこの「選択制」です

理想でいえば、会社が給与の上乗せで掛金を拠出してくれるのが一番ですが、加入者は個人型に任意で加入するよりメリットが大きいのでそこをプラスとお考えになられた方が良いのではないでしょうか?

  • 質問者

    ooumi77さん

    2016/06/2123:12:44

    山中様

    ご回答ありがとうございます。
    認識、知識不足だったかもしれません。
    改めて勉強したいと思いますが、
    「加入者は個人型に任意で加入するよりメリットが大きいので
    そこをプラス」とありますが、具体的にメリットは何でしょうか?

    宜しくお願いいたします。

  • username

    yc_ogwehさん

    2016-06-22 07:57:19

    お返事ありがとうございます

    まず個人型は毎月かかる500~600円程度の口座管理手数料等を自分で負担しなければなりませんが、加入選択型は企業型なので、その分会社が負担してますし、なによりも手続きなどすべて会社が窓口となってくれるので楽です

    個人型は税金等引かれた手取りから掛金を拠出し、年末調整で所得税、翌年の住民税が還付される仕組みですが、加入選択型の場合は、税金に加え社会保険料分の負担も不要となります

    仮に所得税率10%、住民税10%、であれば個人型に月2万円掛金を拠出した場合の税の負担軽減メリットは48,000円ですが
    加入選択型の場合これに社会保険料15%の負担軽減が加わりますので、84,000円がメリットとなります

    同じ月2万円の老後資金の積立をして方や48,000円のキャッシュバック、方や84,000円のキャッシュバック
    仕組みが変わる事でこれだけメリットが変わります

  • username

    質問者

    ooumi77さん

    2016-06-22 23:18:55

    ありがとうございました。
    参考にさせて頂きます。

この記事を読まれた方がよく読む記事


Tags:

コメントを残す