確定拠出年金相談ねっと認定FP 末次 祐治

2017年 12月 31日

【メディア実績】ファイナンシャルフィールド 「 ”マイナス金利の影響″ 生命保険で資産形成は向いていないのか? 検証してみた」

こんにちは、福岡の確定拠出年金相談ねっと

認定FPの末次ゆうじです。

 

 

暮らしとお金を考えることをテーマにした情報メディア

ファイナンシャルフィールド さんにて記事が掲載されました。

 

第7回目は 「 “マイナス金利の影響” 生命保険で資産形成は向いていないのか? 検証してみた。」

 

保障と貯蓄は別で考える!

 

この考えが主流ですが

これは、保険商品の積立利率が低いことが

理由の一つです。

 

保険商品の選択によっては、払った保険料が多くなる

場合もあります。

 

元本割れする学資保険などもその一部です。

 

 

 

一方で、保障と貯蓄は別で考えるということは
資産形成・資産運用はどうするか?

投資信託を活用しましょう!

という意見が多いですね。

もちろん、それも選択肢に一つにはなり得ます。

しかし、以下の資料からもわかる様に
まだまだ、長期で投資信託を使って運用していくことが
できていないのが現状なのです。

 

貯蓄から資産運用へという政府のかじ取りが浸透してこなかった

ことからも、長期投資で資産運用をするには時間がかかりそうです。

(イデコの加入者拡大、つみたてNISAの登場で変わっていく気配はありますが)

 

 

ですから、貯蓄から資産形成へとかじ取りを変更しました。

運用する前に貯めましょう! ということですね。

 

 

また、日本人は長期投資が不得意なデータもあります。

(最初知った時は、驚愕しました!)

 

何と、日本での投資信託での平均保有期間は

2.6年

 

これじゃ、資産形成にもなりませんね。

米国4.6 年、NISA が範とする英国4.5 年になっています。

出所:三菱UFJ国際投信 2016年2月1日 情報提供資料より

goo.gl/XPrNj5

 

 

 

金融商品の選択の前に

資産形成・資産運用が継続してできる商品を選択する

ことが重要になります。

 

 

ですから、保障と貯蓄は一緒でもいいんです

 

 

途中で止めれないような(止めにくい)商品を選択する

ことも重要ではないでしょうか?

 

保障と貯蓄は別

保障と貯蓄は一緒

あくまでも、自分にとっての優先順位で決めていきましょう!

 

 

 

コラムはこちらをご覧ください!

  ↓

「マイナス金利の影響」生命保険で資産形成は向いていないのか?検証してみた

 

 

記事は、 Yahoo!ニュース でも掲載されております。

          ↓

headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171231-00010000-ffield-bus_all

 

福岡・博多開催中のセミナー

 

【福岡・博多】4月開催! 第21回 40代から始める! 『iDeCo、マッチング、NISA』 活用術セミナー

 

【福岡・博多】5月開催! 第22回 40代から始める! 『iDeCo、マッチング、NISA』 貯金力アップ術セミナー

 

 

東京でイデコセミナー開催!

【品川】2月3日(土)15:00~17:00 イデコノミクス超実践セミナー

 

確定拠出年金相談ねっと認定FPの

野原 亮FP とのコラボセミナーです。

セミナーでお会いしましょう!

 

 

福岡・博多開催セミナー

 

 

【福岡・博多】1月開催! 第18回 40代から始める年金に頼らない老後資金作りの処方箋セミナー

【福岡・博多】2月開催! 第19回 40代から始める年金に頼らない老後資金作りの処方箋セミナー

 

 

 

 

Tags:

コメントは受け付けていません。