確定拠出年金相談ねっと認定FP 末次 祐治

2016年 12月 20日

老後の資産形成で最強手段の一つである「確定拠出型年金(DC)」の本質は!

「確定拠出年金と夢プラン設計士」の専門家 

ファイナンシャルプランナーの末次ゆうじです。

%e6%9c%ab%e6%ac%a1%e3%80%80%ef%bd%84%ef%bd%83%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%82%a7%e3%83%ab%e3%82%b8%e3%82%a7

 

 

確定拠出型年金(DC)のメリット

法改正で、今注目の確定拠出型年金(以下DC)ですが

もともとは2001年からある制度で新たに新設された制度では

なく、加入できる範囲が拡大され、公務員専業主婦(夫)

いわれる第3号被保険者の方や企業年金がある会社員の方など

加入できるようになったことをまず整理しておきましょう。

そこで、メリットの3本柱である

詳しくは、以前のコラムをご参考ください。

「確定拠出年金(DC)のトリプルメリット 節税の意味」

(クリックすれば見れます)

 

➀全額所得控除 (自分の未来のためにお金を貯めると税金を安くしますよ)

➁運用益非課税 (運用益が非課税なので効果的に増やしてくださいね)

③受取時税制優遇 (受け取る時はなるべく税金の負担は軽くしますよ)

 ※すべて漢字で中国語っぽいのでわかりやすく表現しました。(笑)

 

があげられます。税制優遇というメリットが3つもある金融商品は

DCが有利ですよ。確かに「老後資産形成」をするうえで使わない

ともったいない制度ではありますが、少し冷静に考えてみてください。

 

制度であるDCと60歳までお付き合いできますか?

DCのデメリット(注意点)の代表的なものに

『60歳まで引き出しができない』

『年金資産を担保に貸付もできない』

『60歳まで解約できない』

などがあります。あくまでも老後資金専用だからこのような

デメリットは強制貯金というお金が貯まる仕組みで言えば

逆にメリットであるという見方もできますが、本当にそうでしょうか?

特に考えてほしいのは、

 

・新規で個人型確定拠出年金(iDeCo=イデコ)をご検討中の方。

・今まで企業型DCをやっていた方が、離転職等で個人型DC

 に変更(個人型DCに移換)を検討中の方。

 

は、少し冷静になって考えて欲しいのです。

                              yjimage10

・制税優遇があるから(特に節税という意味が大半を占める)

・老後資金対策には有利だから、

・運用の勉強ができるから

 

しかし、DC以外でも方法(商品)はあります。

それこそ、NISA(ニーサ:小額投資非課税制度)

今政府で審議中の積立NISA(詳細未定)や変額保険、

個人年金保険など色々な手段の候補はあります。

 

個人型DCは60歳まで払い出しできないのに対しNISAや

変額保険はいつでも払い出し可能で、いつでも現金化できるのが

一番の違いです。

 

ですから、ここでDCを始める前に60歳まで掛け金を払い続けるという

決意が必要になります。

 

今まで企業型DC(自分で拠出していない人)で加入していた人は

特に今後どうしていくか注意が必要になります。

 

ご自身のライフプランに合った選択が重要

yjimage5

先日、コンサルしたHさん(独身30代後半)との面談の例です。

企業型DCがある会社から、DCがない会社に転職した際、個人型DCに

移換した方がいいかどうか?老後資金は貯めていきたい。

と相談を受けました。

 

方法としては

➀個人型DCに移換する(指図のみ)

②個人型DCに移換して、毎月拠出する

③脱退一時金を受け取る(詳細はこちらをご参考ください)

 

の選択がありますが、Hさんは節税というメリットよりも60歳まで

払っていくことが不安(=続けなければいけない覚悟ができない)

という理由で脱退一時金の要件が満たされたので③を選択されました。

最後は、NISA口座での運用、投資信託、個人年金保険、変額保険

中から下記の理由で〇〇を選択されました。

 

(ポイントは)

・60歳までにいつでも引き出しができること

・気軽に相談出来ること

・60歳まで縛られないこと など

 

ご自身にあっているという判断でチョイスされたのは・・・・

 

 

答えは最後に

 

個人型DCの人気はこれからもっと出てくると思いますが、

節税ありきのDCという考えでは逆にクライアントの信頼は

築けないと思います。確定拠出年金の本質は、老後資金を貯めていく

結果的に節税というメリットが付録的に付いてくるというこ

であって、やはり節税にあまり意識のない方にまたは60歳まで

やめられないという制度の決まりを今はメリットだとあまり

感じない方にとっては他の手段で資産形成した方がストレスなく

スッキリするかと思います。

 

 

「答え=変額保険」でした。

 

yjimagellr3pj59

 

 

確定拠出年金セミナーのご案内です

wiselife.biz/fp/ysuetsugu/seminar/1313

◆末次祐治 主催のセミナーです(公務員・会社員向け)

 

◆全国のセミナーは こちら ⇊

wiselife.biz/fp/seminarlist

 

 

 

 

役に立つメルマガも定期配信中!

▼▼メールマガジン「末次ゆうじの「iDeCo」の始め方入門」のご登録はこちらから▼▼


Tags:

コメントは受け付けていません。