確定拠出年金相談ねっと認定FP 末次 祐治

2016年 11月 22日

確定拠出年金(DC)のトリプルメリット 節税の意味

「確定拠出年金と夢プラン設計士」の専門家 

ファイナンシャルプランナーの末次ゆうじです。

 

2016_0821_5178

 

確定拠出年金(DC)のトリプルメリット

 

確定拠出年金(以下DC)をつかって、老後資金を貯めていけば

税制優遇があります。簡単に言いますと負担する税金が安くなったり

通常かかる税金がかからなかったと、メリットがあるということです。

トリプルメリットなので、3つあります。

 

➀掛金を出すとき (全額所得控除)

➁運用中 (運用益に税金がかからない=NISA(ニーサ)と同じ)

③受取時 (年金受取は公的年金等控除・一時金での受取は退職所得控除が受けられる)

 

01[1]

 

この中で、①の掛金を出す(拠出する)ときの税制メリットについて

見ていきましょう。

 

「全額所得控除」の意味

 

一言で言えば『経費』です。経費ですから「引いていいもの」

「マイナスするもの」というイメージができればOKです。

このDC場合の所得控除=経費は、「将来のために貯金するお金を

経費にしてもいいよ」ということです。結果的に経費が増えるので

国(所得税)・都道府県と市町村(住民税)に支払う税金は安くな

るということになります。

ポイントは、「公的年金だけでは生活が厳しくなるので、DCという

制度で60歳までは引き出きませんが、毎月積立をすれば、掛金は、

全額経費にできますから」というイメージです。

 

「税制優遇」の意味

 

税制優遇という言葉も確定拠出年金と同じで言葉が固くピンとこない

方もいらっしゃるかもしれませんが、

これは「税金のタイムセール期間中」というイメージです。

一定の条件で税金が安くなることです。(期限がある場合もあります)

ですから「税金が安くなる=節税」です。

 

イデコの始め方入門 メルマガ登録

5回シリーズで「イデコ始め方入門」

のメルマガ登録はこちら

1lejend.com/stepmail/kd.php?no=HSlqIRnMUc

メルマガプレゼント表紙

登録の方に「最強の老後資金作り イデコの始め方」

のPDF版小冊子(30ページ)をプレゼントします。

末次小冊子

 

 

節税の方法は2種類ある

                 yjimage10

DCを使えば節税になります。

というけど節税方法は2種類あります。

 

 

➀還付(年末調整や確定申告)

➁給与天引きで調整源泉徴収調整)

 

➀は分かり易いですが、➁が分かりにくいですが本来引かれる税金より

少なく引かれているため(=節税分)結果として手取りが増える形になります。

節税効果は同じですが、節税の仕方が違うので整理したいところです。

 

個人型と企業型の税制優遇

 

先ほどの節税の仕方の違いが個人型DC(イデコ)と企業型DC

とで違ってきます。

 

基本は、個人型DC(イデコ)の場合、自分の口座からDCの掛金を払うので

年末調整や確定申告で税金が還付され、また企業型DCででマッチング拠出

している方は基本、会社の方で処理され年末調整されます。「税金還付 イラ...」の画像検索結果

企業型DCの場合、会社が拠出している分は税制優遇はありません。

あくまでも、自分のポケットマネーから払った分が対象です。

 

税制優遇を肌で感じるケースは、個人型DC(イデコ)を口座引き落としによって

払っているケースになります。会社員の方で個人型を始める場合は、給与天引きと

口座引き落としの2つから選べるわけですが、節税分のご褒美を感じられる意味では

口座引き落としがおすすめです。給与天引きにするメリットは、自分の老後資金財形

制度の仕組みとしては口座引き落としより強いことですが、会社側の事務的な負担が

増えたりするので「ご自身の口座から引き落としでやってください」という傾向がある

ので会社員の方は担当者に確認することも必要になります。

 

いちから学ぶイデコ(iDeCo)セミナー

いちから学ぶ 福岡 “イデコ(個人型確定拠出年金)” セミナー 

IMG_0599

このような方におすすめです

・これから始めようとご検討中の方

・企業型から個人型に移換をご検討中の方

・専業主婦の方で退職金を作りたい方

・基礎からまずは学びたい方

・自営業の方、会社経営者の方、公務員の方

 

日時・会場 (会場をクリックすれ場所の詳細が見れます)

大野城まどかぴあ 202会議室 終了  
黒崎ひびしんホール 会議室A 終了  
アクロス福岡 601会議室 11月26日(土) 〇受付 9:30~  開始10:00~11:40(定員:36名)
アクロス福岡 601会議室 11月26日(土) 〇受付 12:00~  開始12:30~14:40(定員:36名)
大博多ビル10階 セミナールーム ※ 12月 4日(日) 〇受付 9:30~  開始10:00~11:40(定員:12名)
大博多ビル10階 セミナールーム ※ 12月10日(土) 〇受付 9:30~  開始10:00~11:40(定員:12名)

※プルーデント・ジャパン・ファイナンシャル・サービス株式会社 福岡中央オフィス内 

※定員になり次第締め切らせていただきます

2部構成のセミナーです

■1部 公的年金の現状と今後の課題 (40分)

講師 DCコンシェルジェ®  行実 正明

 (休憩)

■2部 個人型確定拠出年金(iDeCo:イデコ)の概要と活用方法 (40分)

講師 ファイナンシャルプランナー  末次 祐治

主催    プルーデント・ジャパン・ファイナンシャル・サービス株式会社

参加費  無料 (FPコンサル付)

 

申込時のご注意

  お申込みは下記からお願いします

  会場と時間を申込みフォーム画面の

  一番下の質問等の欄にご記入ください

〇せっかく国が用意してくれた制度を有利に活用してみませんか

 ご参加お持ちしております

 

 

 

役に立つメルマガも定期配信中!

▼▼メールマガジン「末次ゆうじの「iDeCo」の始め方入門」のご登録はこちらから▼▼


Tags:

コメントは受け付けていません。