確定拠出年金相談ねっと認定FP 岸田 智樹

2016年 10月 03日

106万の壁?新たに社会保険加入で手取りはどうなる?

みなさん、こんにちは。ファイナンシャル・プランナーの岸田智樹です。

 

10月に入り、今年も残り3か月となりましたね。

 

企業においては9月で上期が終わり10月から下期がスタートしました。

 

個人的に2016年上期は環境の変化があったり、

 

悲しい別れや新しい家族(4男)の誕生など気持ちの持ちように戸惑いました。

 

下期は少し落ち着いて仕事に取り組めるよう進めていきたいです。

 

さて、平成28年10月から「特定適用事業所*」に勤務する短時間労働者は、

 

新たに厚生年金保険・健康保険の加入対象者となりました。

 

ただ、全ての労働者が対象となるのではなく、

 

一定の要件を満たす方々となります。

 

10月以降の社会保険加入条件

勤務時間20時間以上

月額賃金が88,000円以上

 (年収106万円以上

雇用期間が1年以上

勤務先の従業員が501人以上

学生ではない

 

上記からを満たすと社会保険に加入することになります。

 

500人以下の事業所は対象になっていませんが、

 

ゆくゆくは見直されていくでしょうし、当面対象になっていない方々も、

 

社会保険に加入した場合に、どう手取りが変わるのか見ていきましょう!

 

新たに社会保険加入者となった場合

【条件】大阪在住 30歳

  年収 106万 126万 150万
9月末まで 社会保険料 なし なし 21、1万円
雇用保険料 0、4万円 0,5万円 0,6万円
所得税・住民税 1,2万円 3,95万円 4,9万円
手取り収入 104,4万円 121,6万円 123、4万円
10月末まで 社会保険料 15,8万円 16,7万円 21,1万円
雇用保険料 0,4万円 0,5万円 0,6万円
所得税・住民税 0,5万円 1,95万円 4,9万円
手取り収入 89,3万円 106,9万円 123,4万円
  手取り差額 ▲15,1万円 ▲14,7万円 これまでと変わらず

試算結果を見てみると結構な減収になっていますよね。

 

これまでと同様の手取りを得ようと思うと、

 

月額賃金8万8千円未満(年収106万未満)に

 

抑えるか、年収150万以上になるように働き方を変える必要がありそうです。

 

以上のようにマイナス面を見ると手取りが大きく減少しますが、

 

プラスの面も確認しておきましょう。

 

厚生年金保険に加入するということは、第3号被保険者から、

 

第2号被保険者になるということなので、将来のじぶんの年金が増えることになります。

 

年収106万の方でしたら、年額約17万3千円、

 

年収126万の方でしたら、年額約20万5千円増えることになります。

 

また健康保険には病気やケガで連続して3日以上休んだ後4日目以降も、

 

仕事に就けなかった場合に傷病手当金が支給されます。

 

手取りが減収することは間違いありませんが、

 

ご自身の社会保障の充実や将来の年金が増加しますので可能であれば、

 

今後の働き方を大きく変えてみてもいいのではないでしょうか?

 

次回セミナーのお知らせ

第2回【確定拠出年金セミナー】 2016/10/21

 

 

 

 

 

Tags:

コメントは受け付けていません。