確定拠出年金相談ねっと認定FP 福田 斉子

2017年 11月 14日

iDeCoの書類の書き方がわかりません

ご相談者様DATA

 

【年齢】 40代前半

 

【職業】 会社員

 

【性別】 女性

 

【家族構成】 独身

 

 

相談しようと思ったきっかけ

iDeCoに加入しようと思い、資料を取り寄せましたが、難しくどうすればいいのかよくわかりません。周りの人でiDeCoに加入している人がいないので、教えてくれる人もいなくて困ってました。確定拠出年金相談ねっとというサイトを見つけて同じ女性のFPさんなら聞きやすいと思ったので、相談にきました。

 

 

ご相談内容

独身なので、老後のお金のことをとても心配しています。貯蓄型の保険や銀行預金もしていますが、iDeCoのことを知り、やってみようと思いました。資料を取り寄せてみましたが、書類も多く、書き方がよくわかりません。私は会社員ですが、一緒に始めようと話している妹は専業主婦です。お互いの書類を見ると違うので2人の書類の書き方を教しえてほしいということでご相談にいらっしゃいました。

 

 

ご相談でお話しした内容

 

まずiDeCoの書類を理解する前に年金の「被保険者区分」を知る必要があります。なぜなら、日本の年金制度を補完する役割のiDeCoは、この区分により手続きを書類も異なるからです。

 

お仕事による年金区分の違い

第1号被保険者・・・自営業など

第2号被保険者・・・会社員、公務員など

第3号被保険者・・・専業主婦(夫)

 

 

第2号被保険者(会社員)の場合

 

まずiDeCo資料請求の時に、現在の職業を選ぶ箇所がありますので、会社員である相談者は第2号被保険者(会社員)を選びます。

ちなみに公務員や私学共済の職員の方などの場合は、同じ第2号被保険者ですが「公務員」の箇所を選択してください。

 

運営管理機関に資料請求をすると数週間でご自宅に書類が届きます。そのうち運営管理機関に提出する書類は以下の4点です。

 

  • 個人型年金加入申出書
  • 事業所登録申請書兼第2号加入者に係る事業主の証明書
  • 確認書
  • 本人確認書類コピー

 

 

1.個人型年金加入申出書(第2号被保険者用)

記入例は、「手続きのご案内」の裏面に載っていますので、実際の書類でご確認ください。ここでは特に注意が必要な項目にいてお伝えします。

 

基礎年金番号は、お持ちの年金手帳をの裏表紙に基礎年金番号が書いてありますので、その番号を書きます。

年金手帳は、会社で保管している場合もあるので、お手元になければ会社に聞いてみてください。

 

掛金の払込方法を選びます。

 

「事業主払込」とは、毎月の掛け金を給与天引きして会社の口座から引落しをします。

その際は、毎月源泉徴収をしてくれるので、年末調整の時に控除証明書の提出が不要になります。

もし会社が他の従業員さんのiDeCoの掛金を「事業主払込」をしている、または新たに「事業主払込」にしてくれるという場合は、1に丸をつけます。

会社に確認して記入してください。

 

「個人払込」とは、加入者ご自身の口座から毎月の掛け金を引落しします。

会社で「事業主払込」をしていない場合は2に丸をつけます。

10月~11月頃に控除証明書が送られてきます。

年末調整の時に生命保険料等を下の用紙に記入して、控除証明書を提出していると思いますが、それと同じでiDeCoの掛金もこの用紙に記入して、控除証明書を提出します。

 

 

書く場所は、右下の「小規模企業共済等掛金控除」という欄の「個人型又は企業型年金加入者掛金」とう欄に1年間支払った掛金の金額を書きます。

 

例えば、毎月1万円づつかけていた場合は、年間120,000円になりますので、120,000円と書きます。

 

 

払込方法が決まったら、口座情報を記入します。

 

ゆうちょ銀行以外の方は1にご自身の口座情報を記入します。

ゆうちょ銀行の方は2に記入します。

金融機関届出印は2枚目になるので、忘れずに押印してください。

 

「事業主払込」の場合は、会社で記入・押印してもらうように依頼してください。

 

 

ここの欄は事業所情報や企業年金等の情報になりますので、会社に記入してもらってください。

 

2、事業所登録申請書兼第2号加入者に係る事業主の証明書

 

A3の複写様式になっています。

この証明書は会社の担当部署に出して記入してもらいますが、1の欄は加入者本人が記入・押印してから依頼したほうが良いと思います。

 

年金被保険者区分によって、掛金限度額や加入要件が違うために事業主に年1回の証明をしてもらうことになっています。そのため、第2号被保険者は、加入時に必ず提出しなければならない書類です。

 

確認書

 

記入日を忘れないようにしてください。

加入申出書の4枚目はお客様控えです。(9)お客様控えを送付しても返送しないと書いてありますので、気をつけてください。

 

 

4.ご本人確認書類のコピー

①運転免許証

②各種健康保険証

③印鑑登録証明書(発行後3か月以内)

④在留証明書(発行後3か月以内)

 

マイナンバー(個人番号)が記載されている本人確認書類は、取り扱いができないので注意してください。

 

書類が4点揃ったら投函してください。

ID、パスワードが来るまでに2か月程度かかりますので、しばらくお待ちください。

第3号被保険者(専業主婦)の場合

 

専業主婦の妹さんは、資料を請求するときは第3号被保険者用を選択します。

 

 

赤枠の基礎年金番号は年金手帳の裏表紙をみて書きます。

 

緑枠は、希望する掛金を記入します。掛金は5,000円~23,000円の間で1,000円単位で設定することができます。

 

あとはご自身の情報と引落し口座の金融機関の情報を記入してください。

氏名の横にある印や金融機関届出印を忘れずに押印してください。

 

 

最後に参考までに第1号被保険者の記入例をみていきたいと思います。

 

 

 

第1号被保険者(自営業等)の場合

 

自営業者は、資料を請求するときは第1号被保険者用を選択します。

 

 

1.個人型年金加入申出書(第1号被保険者用)

 

赤枠の基礎年金番号は、第1号被保険者の方も同じくお持ちの年金手帳で確認の上、基礎年金番号を記入すます。

緑枠の毎月の掛金額は、5,000円~68,000円の間で1,000円単位で設定することができますが、国民年金の付加保険料を払っている方や国民年金基金に加入している方はiDeCoの掛金と合わせて68,000円が上限になりますので注意してください。

 

掛金引落口座は、加入者本人の口座情報を記入します。

 

 

過去に厚生年金加入があり、お勤め先の会社で企業型確定拠出年金の加入があったかないかをチェックしてください。

 

 

企業型確定拠出年金に加入していて、国民年金基金連合化に資産がある方は、下の書類「個人別管理資産移換依頼書」の提出が必要です。

 

例えば、過去にお勤めされていた会社で、企業型確定拠出年金に加入していたけれど、退職後は何もしなかったため国民年金基金連合会に自動移換されてしまった方等です。

 

 

国民年金の付加保険料を払っている方や国民年金基金に加入している方は、iDeCoの掛金と合わせて68,000円が上限になりますから、該当する項目にチェックをして、該当箇所に記入をします。

 

 

 

 

 

このように加入する年金制度区分によって、加入申出書が違っていたり、面倒に感じるところもあるかもしれませんが、せっかくiDeCoを始めようと思って取り寄せた資料です。

申出書の記入でつまづいて、あきらめないでください。

これを乗り越えれば、老後の資産形成の始まりです。

将来の自分を描いて、頑張って申出書を書いて、ポストに投函しましょう。

 

一人でできない時は、相談ねっと認定FPの福田斉子が寄り添ってお手伝いします。

困った時は、悩んで止まってしまう前にご相談ください。

 

 

 

まとめ

 

ご相談者様は、姉妹揃って加入申出書をポストに投函することができました。

次回は、ID・パスワードが来る前に資産配分の考え方について相談をお受けすることになりました。

 

Tags:

コメントは受け付けていません。