確定拠出年金相談ねっと認定FP 福田 斉子

2016年 12月 21日

会社員のiDeCoは個人のものですよ!

2号被保険者の方がiDeCoを始めるときの

申込み書類の中に会社に書いてもらう書類が

あります。

独身、40歳前半の女性(仮名:アスカ)

 アスカさんは、社長、従業員2人の会社の営業事務を

しています。

40歳を過ぎてから、老後になんとなく不安を持ち

昨年の11月頃から個人型確定拠出年金(iDeCo 2016.9.16愛称決定)に

興味を持ちました。

アスカさんは制度がよくわからないので、自分なりに調べると拠出金を

運用しなければならず悩んでしまいました。

運用できるかなぁ…

 

周りの人に話してみると誰もわかりません。

自分でもっと調べ、やっぱりいい制度だからやりたいけど運用が…

会社でもいつもiDeCoの話をしていると社長が少し興味を持ち始めましたので、

企業型もあるという話をしました。

しかし、

社長「すごくいい制度だと思うよ。うちも退職金をつくってあげたいとは

思ってるけどなかなか厳しいから、それ個人で(iDeCo)やってよ。」

と、何度も背中を押され、加入しよう!と、資料を請求しました。

iDeCoに興味を持ってから半年もかかってしまいました。

 

これで始められる。

 

ところが、アスカさんがいつもいつもiDeCoの話をしているので、

社長が企業型で入ろうかと思ってる。

といい始めました。

でも、もうちょっと待っててほしい。

と言うので、個人型の申込みをするのをいったん中止しました。

それから4か月、5か月…

社長はもうちょっと待って。もうちょっと待って。

と言うばかりです。

資料を請求してから、半年…

社長が「やっぱり今は無理だから、個人型で入って!」

なんだか、少し気分が滅入ってしまったアスカさんですが、

個人型で加入することにしました。

 

申込書を書いて、会社に書いてもらう書類を社長に渡すと

社長「えっ?

   困るよ!

   1人だけってわけにいかないから。

   もう1人になんて説明すればいいの?」

 

中小企業の社長さん!

会社員のiDeCoの加入の場合、会社の企業年金の有無によって

掛け金上限が決まっています。

国民年金基金連合会で、それらの確認をします。

それと加入希望の従業員がいると国民年金基金連合会に

事業所登録をしなければなりません。

現在、会社にiDeCoの加入者がいない場合は、このアスカさんが

持ってきた書類を出すことによって、事業所登録の申請が出来ます。

それから掛金ですが、事業主払込と個人払込がありますが、どちらを

選んでも大丈夫です。

事業主払込にした場合、給与天引きになり毎月の源泉徴収が必要になります。

個人払込にした場合は、自分の決めた金融機関の口座から引落しになります。

年末調整で生命保険控除と同じように小規模企業共済等掛金控除をします。

アスカさんは個人払込を選んでいますので、毎月の会社の手間はありません。

 

アスカさんは、お給料を上乗せしてもらうわけではなく、

もらったお給料の中から自分の銀行口座でiDeCoの掛金を

毎月拠出していきます。

ですから、もう1人の従業員に許可を取らなくて大丈夫すよ!

どうやって説明しよう。と悩まなくて大丈夫です。

 

やっと書類を書いてもっらて11月末にポストインできました。

iDeCoに興味を持ってから1年以上かかってしまいました。

 

中小企業の社長さん!

従業員がiDeCoの書類を持ってきたら、うちの従業員は将来のことを

きちんと考えらる素晴らしい従業員だ!

と誇りに思ってくださいね!

 

 

Tags:

コメントは受け付けていません。