確定拠出年金相談ねっと認定FP 村松 繁 

2016年 10月 24日

DCの投資先として、元本確保型を選ぶことは・・

こんにちは

確定拠出年金相談ねっと 認定FP

保険アイマーク 代表の村松です。

 

先日、日経新聞に面白い記事が載っていました。

新潟の地方銀行である

第四銀行(だいしぎんこう)が1915年に発売した

100年定期預金が満期をむかえたという記事。

 

金利は6%の複利だそうです。

6%の複利だと、100年後に339倍に膨れる計算です。

100年前の初任給が50円程度。

その初任給を満額100年定期に投入すると。

100年後の満期で受け取れるお金は

339倍の16,950円です。

%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%95%e3%83%ac

 

第四銀行には、「遺品を整理していたら、証書が出てきた」

という問い合わせが数件あったそうですが、

満期の金額を行員が相手に伝えると、

「それなら記念に保管しておきます。」

と満期の手続きをしないで、記念品として

証書を保管する選択をするようです。

 

低金利の時代、6%という金利は、

夢のような数字です。

しかし、それでも、日本の物価変動には見事に負けてしまったわけです。

DC(確定拠出年金)は100年定期ほどではないにしろ、

その半分の50年程度、運用することもあり得るわけです。

私たち、FPは長期の契約で一番恐れるべきは、

お金の価値の変化、インフレであると、

お客様に伝える責任があると思うのです。

「企業年金連合会」が2016年6月にまとめた

「確定拠出年金実態調査」を確認すると、

約6割の加入者が「元本確保型」の商品を投資対象としています。

さらに、驚くことに1%以上の企業で

すべての社員が「元本確保型商品」に100%投資しているというのです。

これでは、完全にインフレに負けます。

この日本の状態を私たちの手で変えていきたい。

そう、強く思わされた統計結果でした。

 

 

 

 

Tags:

コメントは受け付けていません。