確定拠出年金相談ねっと認定FP 青山 創星

2016年 09月 29日

年金定期便って見たことありますか?

こんにちは、青山創星です。

年金定期便って見たことありますか?

来ていたと思うけど
そのまましまっちゃた、
見たけど
よくわからないので
そのままどこかへ。

そんな方
多いんじゃないかと思います。

きょうは
見方のポイントを
お伝えします。

まず、
年金定期便には
「50歳以上」の方用と
「50歳未満」の方用の
2種類があります。

きょうは
「50歳未満」の方用についてです。

これが、
年金定期便です。

2016-09-30

「加入実績に応じた年金額」の欄が
年金定期便発行時点での
今まで納めた保険料納付額に応じて
あなたがもらえると確定している
年金額になります。

あなたが今40歳で20歳から
20年間かけている場合、
その20年間納めた保険料に対して
65歳以降毎年これだけもらえる
という金額がこの金額です。

でも、これじゃあ
このままいけば
65歳になって
一体いくらもらえそうなのかが
分かりませんね。

シミュレーションしたいですよね。

そういうページが用意されています。

日本年金機構の「ねんきんネット」
というページです。

自分の基礎年金番号などを
入力してやると
郵送でパスワードが送られてきて
このサイトで
シミュレーションすることができます。

でも、
そんな面倒なの嫌だ
という方は、
前回お伝えした
この方法で
ザックリ計算してみてください。

【老齢基礎年金】
2万円×加入期間(年)

・加入期間は最大で20歳~60歳の40年

【老齢厚生年金】
標準報酬月額×5.481÷1000×厚生年金加入月数

・会社勤めしている人(一人社長のあなたもです)だけがもらえる年金です。
・標準報酬月額は62万円が上限です。
 80万円の人も62万円で計算します。

例えば、
こんな計算になります。
今40歳で、
65歳からの受取り見込み金額
をシミュレーションしてみます。

【老齢厚生年金】
<20歳~25歳>アルバイト
・なし

<25歳~30歳>会社勤め
30万×5.481÷1000×60か月≒9.8万

<30歳~35歳>個人事業主
・なし

<35歳~40歳>一人社長(会社経営)
20万×5.481÷1000×24か月≒2.6万
50万×5.481÷1000×36か月≒9.8万

<40歳~60歳>予定:一人社長(会社経営)
60万×5.481÷1000×60か月≒19.7万

これ以降月収(標準報酬月額)100万の見込みの時
62万円が上限なので、
62万×5.481÷1000×180か月≒61.1万

以上合計
9.8+2.6+9.8+19.7+61.1=103万円

これが、65歳からもらえる
老齢厚生年金の見込み額です。

老齢基礎年金は、
20歳から60歳までの加入だと

2万×40年=80万円

となります。

つまり、
老齢基礎年金と老齢厚生年金の合計で
年間80万+103万=183万円
がもらえることになります。

月額にすると15万円です。

他に蓄えがあれば大丈夫でしょうが、
持ち家がなかったり、
家のローンがまだ残っていたりすると
この金額だと完全に破産ですね。

まずは
このシミュレーションを
してみて
将来の見込みを知ることが大事です。

「一人社長のための
確定拠出年金講座」(仮題)
準備中です。
確定拠出年金って
面白そうな制度だけど
イマイチよくわからない、
勉強してみたい、
と言うあなたのための
講座です。
.
この記事の下の方で
ご案内している
メルマガ読者に先行で
講座のご案内を
差し上げる予定です。
少人数で
しっかり学んでいただく講座です。
すぐにいっぱに
ご興味のある方は
メルマガにご登録
しておいていただければ
と思います。

……………………………..
夢ある老後を実現する
国の制度
企業型確定拠出年金について
無料メルマガでお伝えさせて
いただいています。
(企業型についてのメルマガですが、
個人の方の資産運用にも活用できる
投資法についても
随時配信させていただきます)
⇓⇓⇓
1lejend.com/stepmail/kd.php?no=ylTgkIRnMow
(いつでも解除できます)

 

 

 

 

Tags:

関連記事

一人社長のための確定拠出年金セミナー(第1期、第2期)募集...  手間やひまをかけずに会社の利益アップと老後生活の安心を得る最短の手法をマスターする   このセミナーで得られるものは? 会社と社長個人の両方同時に節税するダブル節税ができるようになります 会社の経費で自分の老後資金を非課税で積み立てることができるようになります 将来自分の事業にどのようなことがあっ...
投資に失敗しないのには理由がある 【難しそうな金融をあなたのものに!!!】こんにちは、青山創星です。 あなたは、この金融の常識問題に答えることができますか?! あなたの未来の老後時代からの挑戦状です。 もし万が一答えられなくても肩を落とす必要はありません。 これから私と一緒に学んでいけばまだ十分に間に合います。 私の銀行で経験し学ん...
確定拠出年金の保険商品ってどんなものなの?... こんにちは、青山創星です。確定拠出年金の商品には保険商品もあります。元本確保型商品の一つとしてラインナップされている金融機関もあります。保険というのだから何か保障があるのかな?まず、保険商品も銀行の定期預金と同じで、満期に応じて保険会社が示している利率で利息を受けとるという商品です。生命保険会社は生...
6リスクは変えないままリターン(リターン)だけを変えることができる?... よくハイリスク・ハイリターンということばを聞くと思います。高いリターンを得るためには、高いリスクを取らなければならないということです。しかし、価格の動きが異なる複数の資産を組み合わせて分散投資すると、同じリターンでもリスクを低くしたり、同じリスクでもリターンを高くしたりすることができるようになります...

コメントは受け付けていません。