確定拠出年金相談ねっと認定FP 青山 創星

2016年 09月 16日

個人型確定拠出年金と企業型確定拠出年金の違い

個人型確定拠出年金と
企業型確定拠出年金の
一番の違いは、
限度額です。

個人型が68千円で、
企業型が55千円。

但し、個人型でも
サラリーマンの場合は
23千円が限度になります。

個人事業主として
個人型で68千円の
限度まで掛けていた方が、
法人成りしたときに
個人型のままにしていて、
23千円の限度額に
なってしまったと
いう方がいます。

その通り、
個人型のままであれば、
法人成りすると
国民年金の
2号被保険者になって
限度額が68千円から
23千円になってしまいます。

しかし、
一人社長でも
企業型をすることが
できるのです。

そのことを知っていれば、
55千円まで
掛けることができるのです。

使わなかった
非課税枠は
戻ってきません。

正しく知ることが
とても重要です。

しかし、
ここからは
一人社長様にとって
残念なお知らせがあります。

50名以下くらいの
規模の会社が
企業型の確定拠出年金を
やりたいといっても
それを受けてくれる
金融機関がほとんどない
のです。

なぜかというと
はとんどもうからないからです。

加入者一人当たりから
もらえる手数料が
微々たるものなので
採算に合わないというわけです。

制度上は
一人社長でもできるけれど
実際にはできない。

えーーーっ!!!
それじゃあ、
いままでの話全部
絵に描いた餅じゃないか。

そうなんです。
一般的には
そう思われているようです。

このことが、
たいていの
社労士さんや税理士さん
も一人社長ではまさか
企業型はできないだろう
と思っている
原因にもなっているのかと
想像します。

(社労士さんや税理士さんが
あまり確定拠出年金に
関わりたくないのには、
もっと大きな理由があります。
この制度は「投資」が
絡んできます。

社労士さんや税理士さんは
投資のことについては
素人の方が多いです。

よくわからないことに
手を突っ込んで
お客さんが損しても
いやだなあと考えて
最初から
確定拠出年金については
無関心だということも
あるようです。)

しかし、
ご安心ください。

一人社長でも
引き受けてくれる
金融機関も中にはあります。

難しそうな
「投資」が絡んで
手数料も微々たるもので
社労士さんや税理士さんも
あまり触れたがらない
一人社長様向けの
企業型確定拠出年金。

しかし、
私なら
お手伝いすることができます。

銀行で銀行の資産運用に
携わった経験のある
ファイナンシャルプランナー、
青山創星なら
一人社長である
あなたの会社に
企業型確定拠出年金を
導入するお手伝いが
できます。

「一人社長のための
確定拠出年金講座」(仮題)
を準備中です。

このセミナーは、
しっかり理解していただくために
超少人数で行います。

また、この制度を
導入していただくことは
前提ではありません。

確定拠出年金や
一人社長様のための
制度である
企業型確定拠出年金とは
どのようなものか、
またその中行う
運用とはどういうものなのか
といった知識、情報を
得ていただくためのものです。

一見難しそうな
制度や金融について、
あなたが
ご自分で判断できる
正しい知識を
しっかり身につけて
いただくのが目的です。

この講座につきましては、
この記事の下の方で
ご紹介している
メールマガジンで
近々
先行して
ご案内する予定です。

お楽しみに!

私の願いは、
長年銀行で培った
私の金融についての
ノウハウを
一人社長様の
会社の発展と
社長様自身の幸せ
のために役立てたい
ということです。

それを通じて、
一見難しそうな
金融の世界を
身近なものにし、
家電製品のように
金融商品を自分で
選択することができる人を
増やしていきたいと
考えています。

日本を
世界一
金融リテラシーの
高い国にする。

これが
私のミッションだと
考えています。

さて、
その他、
個人型と
企業型の
違いについては
こちらをご参照ください。

クリック
⇓⇓⇓

……………………………..
夢ある老後を実現する
国の制度
企業型確定拠出年金について
無料メルマガでお伝えさせて
いただいています。
(企業型についてのメルマガですが、
個人の方の資産運用にも活用できる
投資法についても
随時配信させていただきます)
⇓⇓⇓
1lejend.com/stepmail/kd.php?no=ylTgkIRnMow
(いつでも解除できます)

 

 

役に立つメルマガも定期配信中!

▼▼メールマガジン「青山創星のiDeCo(イデコ)入門講座」のご登録はこちらから▼▼


Tags:

コメントは受け付けていません。