確定拠出年金相談ねっと認定FP 青山 創星

2016年 09月 01日

確定拠出年金の節税を活かして個人も4千万貯められる!

前回の試算では、
国の年金だけだと
普通のサラリーマン夫婦の
老後の生活費としては
約4千万足りないという
計算になりました。

そんな、
4千万円なんて
絶対に無理という
あなたに朗報です。

普通の銀行預金では
絶対に無理だとしても、
確定拠出年金を使えば
近づける可能性が
十分に出てきます。

毎月5万円を
積み立てた場合、
ザックリと計算すると

30年後、

1.普通に銀行預金した場合は、
  1,170万円

2.確定拠出年金の中で
  銀行預金した場合は、
  1,770万円

3.確定拠出年金の中で
  世界標準の投資手法を使って
  投資した場合は、
  約3,200万円

 

こんな大きな違いに
なってしまうのです。

1と2の差は、
税金と社会保険料※を
取られるか取られないかの差です。
確定拠出年金を使えば、
確実にこれだけに
増やすことができます。

2と3の差は、
リスクを取って
投資するかしないかの差です。

絶対確実に
これだけ増えるというわけでは
ありません。

しかし、
リスクを上手にコントロールすれば
この金額に
近づける可能性が高まります。

どいう計算なのかを
確認したい方は、
こちらをクリックしてください。
⇓⇓⇓
createstar.jp/mashupenglish/1281/

 

※社会保険料が下がると、
老齢年金の支給額も
下がる場合があります。
この点も考慮する必要があります。

・・・・・・・・・・・・・・・・
夢ある老後を実現する
国の制度
企業型確定拠出年金について
無料メルマガでお伝えさせて
いただいています。
(企業型についてのメルマガですが、
個人の方の資産運用にも活用できる
投資法についても
随時配信させていただきます)
⇓⇓⇓
1lejend.com/stepmail/kd.php?no=ylTgkIRnMow
(いつでも解除できます)

 

 

役に立つメルマガも定期配信中!

▼▼メールマガジン「青山創星のiDeCo(イデコ)入門講座」のご登録はこちらから▼▼


Tags:

関連記事

投資信託を選ぶポイント(続々々) こんにちは、青山創星です。前回までは、投資信託を選ぶポイントとして投資対象と投資手法(スタイル)についてお話してきました。今回は、手数料についてお話しします。投資のパフォーマンスを決める大きな要素の一つがコスト(費用)です。一般的に投資するの場合のコストとしては、税金と手数料があります。確定拠出年金...
6リスクは変えないままリターン(リターン)だけを変えることができる?... よくハイリスク・ハイリターンということばを聞くと思います。高いリターンを得るためには、高いリスクを取らなければならないということです。しかし、価格の動きが異なる複数の資産を組み合わせて分散投資すると、同じリターンでもリスクを低くしたり、同じリスクでもリターンを高くしたりすることができるようになります...
【東京・八丁堀】2017年4月29日(土)10:00~17:00 自分だけのポートフォリオを創るため... 現在、「一人社長のための確定拠出年金セミナー」(5回シリーズ)を開講中です。その第4回目は「そんなに違うの!?もっと早くやっておけばよかった!!! 今からでも間に合う ~ポートフォリオの組み方とメンテナンスの仕方~」です。このセミナーだけでも、まずはDC(確定拠出年金)を導入して投資を開始することが...
投資の成果に最もパワフルな影響を与えるものは何?... こんにちは、青山創星です。投資の成果を上げるのに一番確実で一番効果のあるのは何でしょうか?どの株や投資信託を買うかでしょうか?安い時はいつかを見計らっていつ買うかでしょうか?それとも、どの株や投資信託にどれだけずつ分散して投資するかでしょうか?実は、どれでもないのです。投資成果に最もパワフルな効果を...

コメントは受け付けていません。