確定拠出年金相談ねっと認定FP 青山 創星

2016年 08月 22日

確定拠出年金の企業型で社長個人も会社も節税メリットを受ける

まだまだ法人化の出だしで
苦労している社長様

徐々に売り上げが上がり始めて
ほっとしている社長様

一番心配なのは
税金と社会保険料
ではありませんか?

お金を貯めて、
銀行からお金を借りて、
やっとのことで
会社を設立。

ビジネスモデルの構築、
マーケティング、
経営管理、
全身全霊を込めて
仕事に取組み
やっと利益が出たかと思うと

会社では
法人税をとられ、

個人でも
所得税・住民税をとられ

社会保険料は
会社分と個人分の
両方負担

本当に悲しい!

会社としての
法人税を削減し

個人として
所得税・住民税非課税、
運用中の利益も非課税で
老後の資金を積み立てて

しかも、
社会保険料も削減できる。

そんな3拍子揃った
『調子のいい方法』があるなんて
信じられますか?

この方法を使えば、
まだまだ他にも
特典がついてきます。

一人社長様は
銀行借り入れの
連帯保証人に
なっているでしょうから

会社が倒産すれば
自分の家も預金も
全ての財産を失ってしまいます。

しかし、
この方法で積み立てた
老後の資金は、
差し押さえされずに
合法的に残すことができます。

ところで、
経営者は、
高い社会保険料を払っても
仕事を続けると
自分の年金をもらえない
ということを
ご存知でしょうか?

これが在職老齢年金です。

「俺は生涯現役だ!!!
元気な限りいつまでも
働くぞ!!!」

しかし、
働く限り
国から年金が
もらえないという
悲しい現実。

だったら、
こう考えてみては
いかがでしょうか。

生涯現役で働く。
だから、
国から年金がもらえないのも
やむを得ない。

どうせ
もらえないのなら、
万一もらえる時の金額が
ちょっとくらい減っても
いいから
社会保険料を減らして
老後の資金の積み立てを
しよう。

いかがですか?

この『調子のいい方法』
というのは
国の制度『確定拠出年金』
のこと。

この制度を使えば
毎月55千円、
年間66万円まで
積み立てて、

20年間で1,320万円、
30年間で1,980万円。

定期預金で
積み立てることもできますが、

リスクを抑えた安定投資をすれば
着実に殖やすこともできます。

銀行で資産の運用をし、
投信や個人年金保険や保険の
相談や販売も経験後
青山創星は
金融機関から
完全に独立!

節税で
今の事業を効率化し、
自分年金作りの積み立てで
老後の安心ができれば、
今の仕事や夢の実現に
力いっぱい集中できる。

青山創星が
そんな一人社長様の制度導入と
運用方法を
全力で
応援させていただきます!!!

 

13549161_10205247198779873_1286365533_o

 

・・・・・・・・・・・・・・・・
夢ある老後を実現する
国の制度
企業型確定拠出年金について
無料メルマガでお伝えさせて
いただいています。
(企業型についてのメルマガですが、
個人の方の資産運用にも活用できる
投資法についても
随時配信させていただきます)
⇓⇓⇓
1lejend.com/stepmail/kd.php?no=ylTgkIRnMow
(いつでも解除できます)

Tags:

関連記事

投資信託を選ぶポイント(続々) こんにちは、青山創星です。前回は、投資信託を選ぶポイントとして運用の手法(スタイル)のうちパッシブ運用とアクティブ運用についてお話ししました。今回は、バランス型商品についてお話しします。パッシブ運用の商品を使う場合リスクを分散させるためにはいくつかのインデックスに連動する商品を組み合わせて投資する必...
セミナーのご案内(続々) こんにちは、青山創星です。『DCを主婦もできるようになるって本当ですか?』こんにちは、青山創星です。そうなんです。確定拠出年金(=DC=401k)を1月から主婦も公務員も出来るようになるんです。『DCって、そもそもなんでしたっけ?』国の年金だけでは老後破産が確実になったので国の年金の上乗せとして自分...
年金の保険料を払わないのには大きなデメリットがある!...  こんにちは、青山創星です。 人類は、食うか食われるかの世界を生き抜いてきました。将来やってくるインフレの世界を想像できない人々は、インフレの洪水に飲み込まれてしまうかもしれません。 現代版ノアの箱船、『確定拠出年金』で生き延びて、新しい世界を築きましょう!!!  恐竜と洪水の世界を生き延びる方法↓...
6リスクは変えないままリターン(リターン)だけを変えることができる?... よくハイリスク・ハイリターンということばを聞くと思います。高いリターンを得るためには、高いリスクを取らなければならないということです。しかし、価格の動きが異なる複数の資産を組み合わせて分散投資すると、同じリターンでもリスクを低くしたり、同じリスクでもリターンを高くしたりすることができるようになります...

コメントは受け付けていません。