確定拠出年金相談ねっと認定FP 青山 創星

2017年 01月 08日

8サラリーマン、公務員が平均的にもらえる年金はいくら?

 

サラリーマン、公務員が平均的にもらえる国の年金は以下の通りです。
老齢基礎年金:満額⇒ 月額約6万5千円
老齢厚生年金:平均的収入(平均標準報酬(賞与含む月額換算)42.8 万円)で 40 年間就業)⇒ 月額約10万円

以上、合計約16万5千円

たったこれだけです。
老後いくら足りなくなるかをしっかり認識して、今から準備を始める必要がありそうですね。

Tags:

関連記事

国の年金には上限額がある!!! こんにちは、青山創星です。自動車は一旦スピードを出して走り出すと止めようとしてもなかなか止まりません。慣性の法則が働くからです。これと同じように一旦ぜいたくな暮らしに慣れるとすぐには質素な暮らしに戻れません。国からもらえる年金額について早めに知っておかなければならないことがあります。昨日お話ししたよ...
一括投資と積立投資のどちらが低リスク?... こんにちは、青山創星です。一括で投資するより定額積立で投資した方が時間分散されてリスクが抑えられるという説明がよくされます。定額積立というのはよくドルコスト平均法と呼ばれているものです。毎回決まった金額分を購入するすると、価格が高い時には購入できる数量は少なるが、価格が安い時にはたくさん購入できるた...
選択制確定拠出年金と企業型確定拠出年金の違いは?... こんにちは、青山創星です。選択制確定拠出年金というのがあります。一人社長のあなたが確定拠出年金を始める時に普通の企業型確定拠出年金をやったらいいのでしょうか、それとも選択制確定拠出年金をやったらいいのでしょうか?結論から言いましょう。一人社長や奥様と二人といった会社の場合は普通の企業型確定拠出年金で...
5投資信託はどこで買っても定価(手数料)は同じである?... 同じまたはほぼ商品内容の同じ投資信託でも、購入する金融機関によって手数料が異なることがあります。リアル店舗の証券会社等とネット専業の証券会社では大きく異なることが多いです。ネット専業の証券会社では、購入時手数料がゼロのものも多いのです。さらに、確定拠出年金の中で使う投資信託では購入時手数料がゼロとな...

コメントは受け付けていません。