確定拠出年金相談ねっと認定FP 青山 創星

2017年 01月 07日

7老後の生活資金は、だいたいどれくらいなのでしょうか?

老後に備えるためには、
老後に一体いくらくらい使うのか
を見積もる必要があります。

老後が目前という方は
その7,8割かなあといったふうに
見積もることができると思います。

しかし、
まだ若い方は
そうもいかないと思います。

そこで、
普通の人はどれくらいか
を参考にしてみるのもいいでしょう。

役に立つメルマガも定期配信中!

▼▼メールマガジン「青山創星のiDeCo(イデコ)入門講座」のご登録はこちらから▼▼


Tags:

関連記事

玉手箱の創り方(続々々々) こんにちは、青山創星です。さあ、前回まではノーベル賞受賞学者の理論を基にした投資法についてお話してきました。この理論は現代ポートフォリオ理論というものです。今では銀行などの機関投資家と呼ばれる人たちが自分たちのお金を運用するやり方の基礎として使っている理論なのでこの理論を使った投資法を「世界標準の投...
男性で昭和36年4月1日、 女性で昭和41年4月1日以前に生まれて1年以上会社員だった方はちょっとラ... こんにちは、青山創星です。今日は、「50歳以上」の方用の年金定期便の見方をお伝えします。こんな様式になっています。②の欄だけに表示のある方と①の欄にも表示のある方とがいます。①の欄にも表示のある方は、老齢基礎年金の受給資格期間(原則として25年)があり、かつ、厚生年金に1年以上加入していて、生まれた...
投資に失敗しないのには理由がある 【難しそうな金融をあなたのものに!!!】こんにちは、青山創星です。 あなたは、この金融の常識問題に答えることができますか?! あなたの未来の老後時代からの挑戦状です。 もし万が一答えられなくても肩を落とす必要はありません。 これから私と一緒に学んでいけばまだ十分に間に合います。 私の銀行で経験し学ん...
【東京・茅場町】2017年2月25日(土)13:00~ 一人社長のための確定拠出年金セミナー第2期第...  手間やひまをかけずに会社の利益アップと老後生活の安心を得る最短の手法をマスターする   このセミナーで得られるものは? 会社と社長個人の両方同時に節税するダブル節税ができるようになります 会社の経費で自分の老後資金を非課税で積み立てることができるようになります 将来自分の事業にどのようなことがあっ...

コメントは受け付けていません。