確定拠出年金相談ねっと認定FP 青山 創星

2016年 12月 31日

2自営業者の方が国からもらえる年金の最大額はいくら?

自営業者または無職の方は、国民年金の第1号被保険者にあたります。
これらの方々は、国の年金は国民年金のみとなります。
この方々は、保険料を40年間満額払った場合、月額約6万5千円の年金をもらえることになります。

 

Tags:

関連記事

生涯現役の一人社長様、退職しなくても退職金として税金が大幅優遇される方法があるんです... こんにちは、青山創星です。生涯現役を貫きたいと考えている一人社長のあなた、退職しなくても退職金として税金が大きく優遇される方法があるって知ってましたか?よく税金を少なくする方法として保険が使われます。これはこんな仕組みになっています。社長個人の生命保険の保険料を会社が払います。すると、保険料の半額ま...
一人社長は個人型と企業型どっちでやったらいいの?... こんにちは、青山創星です。確定拠出年金には、個人型と企業型があります。一人社長の場合、どっちでやったらいいのでしょうか?まず第一に、個人型の場合確定拠出年金で積み立てをする本人が運営管理機関という窓口の金融機関で申し込みの手続きをして積立を行うことになります。この制度を導入することによる手数料も個人...
個人にも企業にもメリットのある確定拠出年金... こんにちは、青山創星です。老後資産づくりにはこれ以上のものはないというほど税金が優遇されている確定拠出年金制度。それなのに、なぜ誰も教えてくれないのでしょうか?2分52秒で謎を解明します!!!今すぐクリック!!!⇓⇓⇓ ・・・・・・・・・・・・・・・・夢ある老後を実現する国の制度企業型確定...
確定拠出年金のメリットを最大限活かした損しない運用法...  金融機関の華麗なるセールステクニック !!!「毎月定額で買えるだけ買っていくというドルコスト平均法は、価格が安いときは多く、価格が高いときには少なく買い付けるため、結果的に平均購入単価を抑え、リスクを下げることができるので有利な投資方法です。 .囲碁のプロを打ち負かした人工知能の技術を使った最新の...

コメントは受け付けていません。