確定拠出年金相談ねっと認定FP 野原 亮

2018年 02月 07日

株価暴落を経験した積立投資家の皆さまに、まず考えていただきたいこと

こんにちは、品川の確定拠出年金相談ねっと認定FP、野原です。

 

自動取引、株安を増幅 世界連鎖、日経平均1071円安
(2018年2月7日付 日経新聞電子版)

 

年明けまで好調だった株価が一転大暴落となり、たった1日で約5%も下がってしまう投資信託が続出しています。

 

なんとなく、積立てはリスクが少ないとか損しにくいイメージがあるかもしれませんが、ずっと買い続ける手法のため、下がる時は下がります。

 

むしろ適切にリスク管理され、損切りもあり得る一括投資にくらべ、もろに値下がりの影響を受けることになります。

 

↓詳しくはこちらをご覧ください。

ドルコスト平均法による積立ては損しない運用法ではない

 

これからもたびたびこのようなことが起こると思います。

 

そこで、まだ積立てを始めたばかりのかたは、今後積立ての総資産残高が増える前だからこそ考えてほしいことがあります。

 

今回の暴落をみて、正直恐いと思いましたか?

 

1〜5で選んでみてください。

※株価暴落を知らなったというかたは、ちょっと寂しいのでぜひ調べてみてくださいね。

 

1、恐かった

2、恐かったし、もうやめたい

3、絶好のチャンス

4、ほぼ平常心

5、無関心

 

ジャカジャカジャカ〜

 

はい、どうでしょうか?

 

ケース別に簡単ではありますか、軽くアドバイスでもさせていただこうと思います。

 

 恐かった

心理的なリスク許容量、もしくは経済的リスク許容量がまだ多くはないかもしれません。
投資信託を積立てる金額を減らし、減らした分は投資用の現金として、預貯金にしてください。

 

 恐かったし、もうやめたい

ひとまず1と同じ様にしていただき、ご相談のうえ、なぜ資産運用しようと思ったのか、もう一度クリアにしてください。
心が頭の中で考えられることについていけてないかもしれません。

 

 絶好のチャンス

気持ちは良くわかりますが、気合い入れすぎです。
リスクの取りすぎに注意してください。
市場の変動率が正常化するまでは冷静に。

 

 ほぼ平常心

特にアドバイスできることはないかもです。
そのまま継続してください。

 

 無関心

ちょっとは感心もってください。
経済の流れは、今後の仕事にも影響あることです。
無関心は恐怖心より好ましくないです。

 

さぁ、未来の安定のために頑張りましょう!

 

 

 

お知らせ

現在、確定拠出年金相談ねっとでは、「10人集まれば どこでも相談ねっとセミナー」を企画しています。

 

開催事例

書店の一般向け無料セミナー
商工会、経営者団体などの経営者向けの勉強会
学生や社会人サークル向けの勉強会
町内会や自治体などの勉強会
PTAや保護者会などの学校行事の勉強会
職場の仲間うちでの勉強会
など

 

お気軽にご相談ください!

『お金はあればあるだけ使っちゃうひと』のためのメルマガ

ご登録は以下よりお願いします!


【有限実行】
メールアドレス 必須
必須

Tags:

コメントは受け付けていません。