確定拠出年金相談ねっと認定FP 野原 亮

2018年 02月 06日

落ちてくるナイフはつかんで良いです、ほどほどに

こんにちは、品川の確定拠出年金相談ねっと認定FP、野原です。

 

 

いつもご訪問いただきましてありがとうございます。

↓2016年12月の記事へのアクセスが急増のようです。

円安・株高のときほど、リスクをとりすぎていないかチェックしよう!

 

さて、本題です。

 

つみたて。

 

人それぞれ積立てかたには違いがあります。

 

違いがあって良いのです。

心理的・経済的リスク許容量は人それぞれだからです。

 

こういうことはあまり人前では話さないのですが、僕の理想の積立てかたは、

・固定日買い付け

・思いたったら吉日買い付け

2パターンで構成されています。

 

ちゃんと言うと、

・iDeCoと一般NISAで、月2回の固定日買い付け

・ポイントde投信による、ちょっと刺激的な買い付け

です。

 

で、たまたま昨日発注した分がまさに「落ちてくるナイフ」をつかんでしまったようです。

また、同時にベア(指数が下がると儲かる投資信託)もちょっと解約してみました。

 

調子に乗って、久々にFXでドル円のショート(売り)とロング(買い)までやってみましたがどうでしょうね。

※「今日はチャンスです、買ってみましょう」的な話は立場上できませんので、売買タイミングについてのアドバイスはご容赦くださいね。

 

投資のセオリーでは「落ちてくるナイフはつかんではいけない」というのがあります。

急落時に安易に買ってしまうことは、落ちてくるナイフをつかむようなもの。
どんなに魅力的でもナイフが床に落ちて、底を打ったのを確認してから投資すべきという相場格言。

 

これは間違いない事実です。

 

本来なら買いは見送り、が正解かもしれません。

 

僕のお客さまのなかには、いま毎日積立を実験的に利用されてるかたもいますが、キャッシュや貯金との兼ね合いはもちろんチェックしたうえでやっていただいております。

 

個人レベルでは、機関投資家などのように厳格にリスク管理するのはなかなか厳しいかと思いますが、非リスク資産(現預金)リスク資産のバランスだけは最低限きちんとしておいてくださいね。

 

要は全て正解、リスク管理さえしっかりしておけば、という話です。

 

そのリスク管理のやり方がその人にあっていて、うまくできているか、そうでないかというだけの話です。

ただし、リスク管理がきちんとできていれば気にしなくて大丈夫です。

 

さらに元がポイントであればどんどん買えちゃいますから、気にする必要は全くありません。

 

リスク管理とは、誤解を恐れずに僕流にいいかえてしまうと、投資用の現金(キャッシュ)リスク資産(投資信託)バランスをコントロールしてあげることです。

 

いわゆるポートフォリオを見直す(リバランス。資産配分を見直す)ことももちろん含まれます。

 

良くありがちなパターンで、ポートフォリオを作る際に現金が全く考慮されていないケースもあります。

これでは単純に、投資信託を売買するのとなんら変わりありませんから、分散投資としては充分とはいえません。

 

リスク資産と非リスク資産のバランスを取ることと、たまに見直すことは必ず意識してください。

そうでないと、徐々に自分が何をやってるのかわからなくなり、カモになっちゃいますから。

 

世界同時株高世界同時株安のときくらいは、自分のポートフォリオをチェックしてあげてくださいね。

お金が泣いちゃいますから。

 

めんどくさいかたは、資産状況をメールで送っていただければ、僕が代行させていただきます。

 

お急ぎのかたはお電話でもかまいません、なるべく迅速に対応させていただきます。

※どうしてもリアクションできないときはご容赦くださいね

 

 

あ、もし本気で習得したいかたはぜひセミナーでお待ちしております!

 

 

 

お知らせ

現在、確定拠出年金相談ねっとでは、「10人集まれば どこでも相談ねっとセミナー」を企画しています。

 

開催事例

書店の一般向け無料セミナー
商工会、経営者団体などの経営者向けの勉強会
学生や社会人サークル向けの勉強会
町内会や自治体などの勉強会
PTAや保護者会などの学校行事の勉強会
職場の仲間うちでの勉強会
など

 

お気軽にご相談ください!

『お金はあればあるだけ使っちゃうひと』のためのメルマガ

ご登録は以下よりお願いします!


【有限実行】
メールアドレス 必須
必須

Tags:

コメントは受け付けていません。