確定拠出年金相談ねっと認定FP 野原 亮

2018年 01月 06日

2018年・10サプライズから今年を占う!

こんにちは、品川の確定拠出年金相談ねっと認定FP、野原です。

 

バイロン・ウィーン

 

運用資産45兆円を誇る、米大手投資会社ブラックストーン副会長にして、米金融の中心地ウォール街のご意見番。

僕は毎年このかたの「10サプライズ」をみるのが楽しみなんです。

 

あ、でもね、

 

今年はこうなりそうとか、ここに注目!みたいな感じで、今後の資産運用に活かしていきたいとうことには全く興味ないんです。

 

じゃあなぜ、楽しみにしてるのか?

 

目的はただ1つ!

 

自分の思考の枠組みを、ちょっと拡げたいから。

 

頭の良さそうな人が、今後もしかしたら起こるかもしれないと思っている世界がどんなレベル感なのか、知っておきたい。
そしたら自分なりにそのちょっと先をイメージできちゃうかもと、その参考にしています。

 

前置きが長くなりました。

 

バイロン・ウィーンの2018年10サプライズ、ご紹介しますね。

※ウィーン氏のいうサプライズとは、平均的な投資家は「1/3程度の確率」でしか起こらないと考えているが、「50%超の確率」で起こると信じている事象とされています。

 

2018年バイロン・ウィーン10サプライズ

 

全般的には、いよいよ高インフレ、金利上昇の幕開けを示唆しているようですね。

 

中国が北朝鮮の核保有を認めないと決定

中国は北朝鮮への燃料と食糧の供給を停止。北朝鮮は核開発プログラムの中止に同意するものの、現状の兵器は断念せず。

 

大衆主義、民族主義、政治的無秩序が世界で蔓延

英国ではジェレミー・コービン労働党党首が次期首相に就任、スペインではカタルーニャでの混乱が継続。
一方、BREXITという経済的マイナスを逆手にとり、欧州大陸では協力関係を強化、予想外に経済成長が加速。

 

ドル高

トランポノミクスで米国の実質GDP成長率は3%を超え、投資家はドル建て資産への関心を強める。
ユーロドルは1.10ドルまでユーロ安ドル高、ドル円は120円までドル高・円安が進行。

 

S&P 500調整から再騰

米国経済は2017年より拡大するものの、投機の行き過ぎからS&P 500は10%調整し2,300へ下落。高金利も調整の一因となる。ただ、年末には経済成長が4%ヘ向かうにつれて3,000台乗せ。

 

WTI原油価格が80ドル回復

世界成長の加速に加え、新興国での予想外に強い需要が背景。
米国内での在庫が逼迫し、OPEC諸国は産油量を抑制し、ロシアをはじめナイジェリア、ベネズエラ、イラク、イランでの生産量も小幅増加させる程度に終わる。

 

インフレ懸念

経済成長の一段の拡大に加え、商品先物相場の上昇もインフレを押し上げる。
先進国での労働力逼迫が賃上げペースを加速させ、米国での平均時給は前年比で4%超えに達し、消費者物価指数は同3%を上回る。

 

金利上昇

インフレ加速を背景に、政策金利も上昇する。
FRBは年内4回利上げし、米10年債利回りは4%ヘ。
ただし潜在的な金融市場編影響を懸念し、資産圧縮は極めてゆっくり行われる。
高利回り債のスプレッドが拡大し、株式市場の不安材料に。

 

NAFTA(北米自由貿易協定)とイラン合意

トランプ大統領の破棄・撤退示唆にも関わらず、存続する。
TPP(環太平洋パートナーシップ協定)離脱をめぐっては世界で中国の影響力台頭により失敗とみなすものの、かえってアジア諸国に対する二国間協定が一段と推進される。

 

中間選挙で共和党が大敗

上下院での過半数を失う。
有権者は選挙公約を遵守しないトランプ政権だけでなく、トランプ大統領のツイートに失望するなど。

 

10中国経済

習首席が債務問題に本腰を入れ、経済や雇用の減速を覚悟した上で企業の借入制限に踏み切る。
実質成長率は5.5%増へ減速するものの、世界経済の影響は限定的となり、世界経済への影響は少ない。
習主席は、信用問題の取り組みが持続的成長に必要と主張する。

 

番外編

 

ほかに実現可能性が高くなさそうな6点です。

 

よりグローバル化する機関投資家のポートフォリオ

欧州・極東・新興国の利益成長が米国より高いことが認知され、米国以外のPER(株価収益率)の低さに注目が集まる。

 

ロシアゲート

モラー特別検察官による2016年米大統領選の捜査で、トランプ家とロシアの関係が証明できずに終わる。

 

AI普及の加速

多くの職が自動化され、サービス産業の雇用は自動化し、特に法律と金融の職のほか、ファストフードやヘルスケアで顕著となる。
米失業率が4%割れを実現したにも関わらず、失業者や政府補助申請者の増加にエコノミストは頭を抱える。

 

サイバーアタック

サイバー攻撃が頻発し、消費者信頼感に悪影響を及ぼし始める。
大手銀はサイバー攻撃により預金引き出しの3日間停止を余儀なくされ、多くの小売業機関が個人情報流出の憂き目に遭うなど、企業はシステム更新の必要に迫られる。
欧米当局が、ネット関連事業による創造的破壊に懸念を持ち始める。

 

ネット企業への圧力強化

欧米の規制当局は既存の小売業者や伝統的なメディア会社の圧力を受け、Amazon、Facebook、Googleを捜査。
大衆もネット企業の権力拡大・集中を懸念し始める。

 

ビットコインの取引制限

ビットコインには監視当局が存在せず、安全性や健全性に問題があり、償還請求ができず、サイバー攻撃のリスクに常に直面し、預金保険もない。

 

どんな時代がきても対応できるように・・・

 

僕は誇大妄想的な夢を見るのが大好きです。
さらに、ちょっとリアルな夢を見るのも大好きです。

 

夢はね、叶えたいと思った瞬間、それは目標に変わるんです。

 

高い高い、とても高い壁をいきなり登りにいくんじゃなくて、すぐ上にある石に手をかけ足をかけ、グッと体を持ち上げる。
そしたらまたすぐ上にある石に手をかけ足をかけ、グッと体を持ち上げる。

 

一歩一歩進んでいくんです。

 

気をつけないと、崖から滑ったり落ちたりしちゃうから。
疲れたら休んでも良いし、逃げ出したくもなる。

 

でも、そうやって気づいたら、いつのまにかとんでもなく高いとこまで登ってきたことに気がつく瞬間がある。

 

下を見れば、自分のように登り始めた人がいるのが見える。
上を見れば、まだまだ壁が続くのも見える。

 

誰かに勇気をもらいながら、誰かに勇気を与えるために生きてるんです。

 

無茶はするな、ちょっとの無理をしろ!と誰かに言われたことがあります。

 

ビジネスで稼ぐということも、コツコツ貯蓄してゆくことも、僕のなかでは同じこと。
ちょっと脳みその中身を整理してあげるだけです。

 

夢がリアルにイメージできたなら、あとはリアルに一歩ずつ進むだけ。
夢がリアルなら、きっと結果もリアルになってしまうような気がします。

 

有料個別相談から得られる世界観は、あなたが思っている以上に大きな世界かもしれませんよ!

 

あ、↓これ、明後日8日(月)までのキャンペーンです。

 

【品川】2月3日(土)15:00~17:00 イデコノミクス超実践セミナー

 

それでは、本年もよろしくお願いいたします!

 

 

 

お知らせ

開催事例

書店の一般向け無料セミナー
商工会、経営者団体などの経営者向けの勉強会
学生や社会人サークル向けの勉強会
町内会や自治体などの勉強会
PTAや保護者会などの学校行事の勉強会
職場の仲間うちでの勉強会
など

 

お気軽にご相談ください!

『お金はあればあるだけ使っちゃうひと』のためのメルマガ

ご登録は以下よりお願いします!


【有限実行】
メールアドレス 必須
必須

Tags:

コメントは受け付けていません。