確定拠出年金相談ねっと認定FP 木田 美智子

2017年 10月 06日

毎月1,000円から、あなたは投資家の仲間入りです!

こんにちは。
確定拠出年金相談ねっとわーく認定FPの木田美智子です。

投資家ってハードル高いよね。
私には無理だってあきらめていませんか?
全然無理ではありません。あきらめないでください。
それが、あなたの長い人生をサポートしてくれる片腕のような存在だからです。

時代は変化しています!
固定電話からポケベルへ、そして、いつでも話せる携帯電話。
電話機能はもちろん、情報をとることから連絡手段に便利なスマホへ変化。
写真だって、カメラからスマホに、パソコンだってアイパッド、そしてスマホへと変化。
お金の貯め方だって貯金・保険から貯蓄+投資へと変化しています。

 

毎月1,000円から投資できる便利な時代がやってきました。
10月2日からつみたてNISAの口座開設がスタートしました。
これがまさに大きな変化の1つです。

確定拠出年金つみたてNISAを資産の中に
組み入れる時代の始まりです。

 

テレビ番組で「深いい話」というのがあります。
以前見て印象的だったものご紹介しますね。

映画のタイタニックを思い浮かべてください。
乗客に沈みそうな船から飛び降りてもらうための一言が国別に違うのです。
アメリカ人には・・・ヒーローになれるよ!
ドイツ人には・・・・そういう規則になっています。
日本人には・・・・・みんなが飛び込んでいます。

日本人はみんなが同じ行動をとりたがる傾向にあるのです。

下の図を見てください。金融庁の資料です。

今の日本の金融資産の状況は貯金がずっと50%以上を占めています。
これで、ずっとやりくりできるなら良いのですが、
人生100年時代を乗り切るためには、今までより大きな準備金が必要です。
だから、自分が働けなくなったあとでも収入が入るシステムを
若い時に作っておきたいですよね。

みんなが投資家になるための制度こそ
「つみたてNISA」なのです。

 

1,000円から積立できるのは大きなメリットです。
メリット1.毎月こつこつ積立で時間の分散ができること。
メリット2.少額なら下落時にも大きな影響を受けません。
メリット3.積立なら、知らないうちに貯められます。
メリット4.少額で投資を学びながら運用ができます。
メリット5.1,000円から積立できるので資産分散もできます。

 

今回はお金が貯まるヒントをお伝えします。

メリットがわかっても
こんなあなたいませんか?

だってお金持ちじゃないし、
よくわからないし
何から始めてよいかわからない。

 

みんなそうです。最初はおっかなびっくり始めていると思います。
私もそうでした。貯金と保険以外何もしたことがなく
周りにも誰も投資をしようなんて思っている知り合いはいませんでした。

ある時、金利があまりにも低くなって増えなくなってきた時に、
このままでいいのかなと思ったのです。

それまで私が販売していた定額貯金、10年間預けるとなんと2倍になると言われていた商品です。
高金利の時は10年間金利が下がらないので、すごい威力を発揮するのです。
低金利の時には、低い金利が10年間続いてしまいます。
増やすためには自分ががんばってたくさん貯金をすることでした。

その時、お勧めしていた方法を教えますね。

定額貯金の満期は10年間。10年たったら書き換えの手続きが必要です。
金利がたくさんついていた時ですが、
例えばですが
10万円(元本)+8万円(金利)+2万円(手元資金をプラス)=20万円
この20万円で新規の定額貯金を預ける。
ほとんどの方は上乗せ貯金で増やしていました。
10年後また同じように預けると10万円は20年で4倍になります。

元本が20年で4倍になったら、新しく積み立てた分を加えていくと十分お金を増やすことができていました。

過去を振り返るとこんな感じです。
10年周期で高い金利の時期がきていましたから、預貯金で十分増やせたのです。

金利があまりつかなくなって来たとき、0.06%くらいになると
100万円を1年間預けても600円-120円(税金)=480円
480円を10年預けても4,800円。100万円が2倍になっていた時代とは全然違います。

以前の方法に当てはめると100万円が満期になった時、現在の金利は0.01%
10年間で1,000円しか増えません。税金を引くとさらに800円しか増えていないことになります。

10年後目標2倍にするためには、100万円+1,000円+99,9万円(手元資金をプラス)ということになります。一括で追加するには大きな金額です。

手元資金99.9万円を余計に積立していくか、その時準備するかです。
毎月その少なくなった分を自分で積立すると8,325円が必要ということになります。以前だったら167円です。大きな違いです。

 

1,000円から投資家になれる方法は投資信託の積立投資です。

思い切って始めた投資信託の積立はその時5年で約2倍になっていました。

 

 

下山さんのご家族は4人(ご主人様37歳・あゆみ様35歳・長男小4・次男小2)
下山さんのご主人様が3,000円、他の3人が1,000円ずつ貯めていくと

貯金
ご主人様分
3,000円×0.01%×10年 ⇒ 360,200円
他3人分
3,000円×0.01%×10年 ⇒ 360,200円
合計
72万400円
投資信託
4人分の6,000円を4つの資産に4分の1ずつ分散投資
(日本債券・日本株式・先進国債券・先進国株式)
期待リターン 3.58% リスク 9.61%
必ずこの金額とは言えませんが・・・計算してみると
10年間の積立総額   72万円
     運用で  84.8万円 となります。

※時間分散と資産分散を使って投資を始めてみるとリスクを押させながらの運用が可能です。

1,000円は500円玉2枚です。
お茶をしたり、マックで食べたり、コンビニでお菓子を買ったりで消えてしまうお金です。
お菓子2回分を投資に回して勉強しながら増やすのも良いのではないでしょうか?

1,000円ずつ始めるのも「つみたてNISA」で実現します。
下山さんのようにこつこつタイプの方にピッタリな商品です。
金利が高かったころの下山さんは少額ですが毎月必ず積立をしてしっかり財産を築いていました。

時代は変化!
なかったつもり貯金を、なかったつもり投資に変えてみませんか?
1,000円から投資家の始まりです。
いつのまにか知らない間に貯まる投資の仕組み。しっかり取り入れて資産形成していく時代になってきましたね。

つみたてNISAは2018年1月スタート。
口座開設が10月2日から始まっています。

少しずつ経験を積み上げて、長期投資家への道スタートされてはいかがでしょうか?

 

コメントは受け付けていません。