確定拠出年金相談ねっと認定FP 木田 美智子

2017年 04月 27日

4月は変化の大きい月、支出も増加?

こんにちは。緑が美しい季節になってきましたね。

確定拠出年金相談ねっとわーく認定FPの木田美智子です。

ふじ

進級、新入社員、転勤等4月は何かと変化が大きい月です。

皆さまにはどんな変化がありましたか?

その他にも、変化しているものがあるのをご存知ですか?

 

毎月の支出が増加!

私たちの生活に大きく影響する、消費者物価も上昇傾向になっていること。それも気になるところですが、国民年金の保険料が4月から値上げになっていることはご存知ですか?これはなんと2005年4月以降ずっと値上げ傾向です。この表を見て頂くと一目でわかります。

国民年金

平成28年度は16,260円だったのですが、16,490円になり230円アップしています。

1年間分にすると2,760円増えて197,880円になり負担が増えた感じです。

国民年金の方は支払い方法を、現金払い、カード払い、口座振替から選ぶことが

できます。払い込み方で節約したいですね。しっかり活用されている方も

多いことでしょう。口座振替だけでなく現金払い、カード払いを利用されている方も2年払いがこの4月からできるようになりました。1年払いより約3倍の割引になりますからとってもお得です。1年払いに手続きしていた方は2年払いに変更してはいかがでしょうか?金額で確認してみましょう。1年払いより口座振替で11,490円もお得になります。現金払いとカード払いは同じ割引率で1年払いより10,890円お得です。同じ1年払いや、2年払いでも口座振替の方が割引が大きくなっています。まとめ払い口座振替が同じまとめ払いでも1番割引が大きいことご存知でしたか?まとめ払いは難しい方は口座振替の早割を使うと1カ月早く支払うことになりますが年間600円お得になります。

下記の表をご参照ください。日本年金機構のホームページに国民年金の保険料の割引について書かれています。

国民年金口座振替

 

収入はどうなっているの?

こんなふうに値上げがありながら、使えるお金は減っていることをご存知でしょうか?

お給料の総額も減少傾向のため、使えるお金可処分所得も減少しているのです。収入が減って

支払いが増えてちょっと厳しいですね。

調査年 収入金額 (円) 可処分所得 (円)
2000年 508,984 429,338
2005年 473,260 398,856
2010年 471,727 389,848
2015年 469,200 381,193
2016年 461,577 376,576

《総務省データ(勤労世帯対象)より》

 

年金受給者の受け取りはどうなっているのでしょうか?

国民年金の給付金額でみてみると、804,200円を最高に、こちらは減少傾向です。

平成29年度の年金額は779,300円で前年より800円少なくなっています。

社会保険料は値上げになって受け取りが減少していることが

お分かりいただけたでしょうか?

国民年金受取金額

 

マイオリジナル老後プランをつくろう!

国民年金は払い込み方を工夫していくことができますが、

受け取りは自分の力でコントロールはできないですね。

だからこそ、自分で作る自分年金をご準備された方がよいのではないでしょうか?

節税効果抜群の確定拠出年金iDeCoは未来の資金を準備するには最適です。

4月変化の大きなこの時期に、老後のこと少し考えてみませんか?

 

ご興味ある方は確定拠出年金セミナー開催していますので是非いらしてくださいね。

 

お忙しい方のための1Day 確定拠出年金iDeCo 早わかりセミナー

5月13日(土)13:00~14:30 戸塚区総合庁舎多目的スペース(小)

wiselife.biz/fp/mkida/seminar/661

(第2回) お得に貯蓄!年金保険 NISA 確定拠出年金
5月13日(土)15:00~16:30 戸塚区総合庁舎多目的スペース(小)

wiselife.biz/fp/mkida/seminar/729

%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%92%e3%83%bc

コメントは受け付けていません。