確定拠出年金相談ねっと認定FP 木田 美智子

2016年 10月 20日

乗り遅れにご注意を!!

%e3%83%9c%e3%83%bc%e3%83%88%e4%b9%97%e3%82%8a%e5%a0%b4%ef%bc%92

ボートがすでに並んであなたが

いつ乗ってくれるのかと待っていますよ。

 

大きな豪華客船から、一人用のボートに早く乗らないと

この豪華客船は沈んでしまうのです。

 

今なら、この燃料が少なくなった豪華客船から

悠々と混雑せずに乗り込むことができるのですが・・・。

でも、燃料切れに気付いている人は少なく

ボートに乗り込む人はほんの少し。

 

季節もいつの間にか変化するように

身の回りのものや習慣が変化しています。

来年1月からはこのボート乗り場に並ぶ人も

増えてくることでしょう。

 

前回からお伝えしている大切な事。

この記事を読んでくださる皆さんには早く気付いて

ボートに乗られることを願っています。

このボートこそ「確定拠出年金」なのです。

%e8%80%81%e5%be%8c%ef%bc%93

 

老後を取り巻く環境の景色が変わってきています。

国の用意している年金だけでは足りないので

自助努力をしてください。「確定拠出年金の法律」

の改正により、来年からは公務員・専業主婦の方も

全員加入できる制度に変わっていきます。

税制優遇がたっぷり使えるお得なこの制度は

早く、長くご利用したほうがお得です。

 

少子高齢化がどれだけ進んでも、公的年金が

支給開始が遅らされても、金額が減らされても

自分専用の自分だけのものとして受け取りが

可能となります。

国立社会保障・人口問題研究所によると

2050年には女性の4人に1人が98歳まで

生きるのだそうです。

平均的な年金世代の不足額約7万円として

年金減少や介護の費用などの自己負担増加を見積もって

退職金+老後資金=4000万円くらいは

準備したほうがよいと言われるように

なってきているのです。

預貯金だけで貯めていくのは厳しいですね。

資産運用の力、長期投資と複利効果を使っていくと

少ない積立金額でもご準備ができます。

 

資産運用を組み入れすると下記のような大きな違いに気が付きます。

0.1%運用で貯めると大きな金額の積立を毎月行わなければなりません。

目標60歳 退職金1500万円+貯金2500万円

         老後資金を4000万円準備する場合

%e7%a9%8d%e7%ab%8b-1

早く始めるほど効果は大きくなります。

また運用益が大きいほど運用益非課税の確定拠出年金は威力を増します。

老後資金の自分計画をしっかり準備していきませんか?

◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇

 ●セミナーの日程が決まりました。

「女性のための自分年金づくり、

 確定拠出年金 iDeCo (イデコ)の活用」

平成29年1月11日(水)10時~11時30分

 ◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇

確定拠出年金セミナー 第1回

「ねんきん定期便で必要な老後資金を見積もろう!」

平成29年1月21日(土)10時~11時30分

 

開催場所 戸塚区合同庁舎 多目的スペース(小)

www.totsukatamokuteki.hall-info.jp/access/

%e3%83%88%e3%83%84%e3%82%ab%e7%b7%8f%e5%90%88%e5%ba%81%e8%88%8e

 

コメントは受け付けていません。