確定拠出年金相談ねっと認定FP 木田 美智子

2016年 08月 31日

「住宅資金」「教育資金」「老後資金」何を優先すればいいの?

お子様お一人(2歳)の若いご夫婦からの質問です。人生の3大支出「住宅資金」「教育資金」「老後資金」何を優先すればよいのですか?老後イメージ

答えは「老後資金」です。老後資金を最優先する訳とは?

 マネー力が普通の人は「住宅資金」「教育資金」を優先順位が高いと考えます。しかし、マネー力がハイレベルの人は「老後資金」を優先順位第1位に選びます。なぜなら、住宅資金には「住宅ローン」、教育資金には「国のローン」や「奨学金制度」が用意されています。しかし、老後に貸付は受けられないからです。いつまでも働き続けることは難しいですよね。そして、大きな資金を貯めてゆくためには時間が必要です。若い時から、こつこつ時間をかけての準備が必要になってくるのです。

 

 国立社会保障・人口問題研究所の調査では2014年度の社会保障費は

112兆1020億円 1.3%増加(1兆3970億円増)と発表しています。

 少子高齢化の影響で、年金、医療、介護費はどんどん増えています。国も負担しきれなくなってきています。特に年金は老後の生活費の大事な収入源。支給開始年齢が遅くなったり、年金の減額も予想されています。厚生労働省が出した8つの試算を見てみると、現役代替率がこのままだと40%~50%ほどになってしまうと計算されています。現役時代にもらっているお給料の約半分の金額で生活していくことをイメージしてみると準備が必要な事を実感します。

公的年金拡大

 

 

 

厚生労働省ホームページ

 www.mhlw.go.jp/topics/nenkin/zaisei/01/01-04.html

 

厚生労働省のホムペ―ジによると財源の範囲内で自動調整されるマクロ経済スライド率によって、現役代替率50%を受給開始時に上回るように設定する仕組みになっています。老後をイメージしてみてください。今のお給料の半分の金額で生活していくのは厳しいですよね。

 

 

だからこそ、老後資金を優先して早くから不足額を見積り、時間をかけて準備していく事が必要なのです。

ご自分の老後計画に合わせて「公的年金+α」を準備しておきたいものです。

 

  • 老後資金づくりは老後をイメージすることから年金

 

 老後資金づくりの4つのステップ

①   老後をイメージする

②   必要資金を見積もる

③   現状の把握

④   +αとして確定拠出年金を始める

 

①  現役世代は、日々の生活に忙しくなかなか老後の事を考えられていないのが現状です。老後をイメージすることで貯蓄率が高められることがアメリカの大学で脳科学者により実証されています。

②  どこで、誰とどのような生活をしたいかにより老後の必要額は大きく変わります。イメージすることで貯蓄のモチベーションも高まりますよね。準備を万全にしてセカンドライフも自分らしく生き生き過ごしたいものです。

   イベントと必要額を書き出してみよう

老後の夢

 

 

準備するべき金額は老後の生活資金不足額+夢を実現するための資金です。老後旅行

 年金で暮らす一般的な家庭の支出は約月28万円、年金収入はモデルケースで約23万円。約5万円が毎月不足していく事になります。65歳から30年間で計算してみると、約1800万円必要な計算です。生活費以外にも、夢を実現するための資金も準備する事、長生きに備えることも必要です。

準備すべき金額=生活費不足額+夢実現の資金+予備費

 

③  自分に当てはめて年金額や老後必要額の見積りを行う。年金額は、日本年金機構 ねんきんネットや、年金定期便で確認することができます。

確認しておくと良いもの

*年金見込み額

*退職時の住宅ローン残高

*現在の貯蓄

*会社の退職金制度と見込み額

 

④  +αの老後資金づくりを始める

第1順位 確定拠出年金を始める                       

(2017年より、公務員・第3号被保険者も個人型の加入がスタート)

 3大メリットがありとても有利になっています。

全額所得控除・運用益非課税・退職所得控除または公的年金控除      

第2順位 NISAの活用

 運用益非課税は大きなメリットです。

 積立投資信託等で分散投資もお勧めです。お手間がかからず時間分散も

 することができます。

第3順位 個人年金保険、変額年金保険等の活用

 生命保険料控除も使いながら、予定利率などをみながら検討します。

 老後にしか使えないものでご準備をすると確実にご準備いただけます。

 

若い時は、目の前のイベント中心に考えがちです。将来の自分をイメージして、豊かに生活できる未来の自分へ今の自分から送金をしていると考えてご準備をされてはいかがでしょうか?タイムカプセルにメッセージを書き、30年後に開けるのを楽しみにしているようなものですよね。未来の幸せな自分がイメージできると老後不安もなくなり、今もハッピーになれますよ。

コメントは受け付けていません。