確定拠出年金相談ねっと認定FP 木田 美智子

2018年 01月 11日

親子で投資を学べる、ジュニアNISA 

こんにちは。

確定拠出年金相談ねっとわーく認定FPの木田美智子です。

 

お子様のお年玉を何に預けようかなと考えていらっしゃる方へ

お届けしたい内容です。

 

今日のテーマは「親子で投資を学べる、ジュニアNISA 」

 

なぜ、ジュニアNISA かといいますと、

お年玉はお子様のものですね。

お子様の名前で将来のお子様のための資金に使いたいものです。

 

お年玉で将来の資金づくりをお子様本人と相談しながら、

作戦会議を開きながら進めていくのはいかがでしょうか?

お金を大切に使う心が芽生えます。

お金の原則を学ぶチャンス!

投資の仕組みを勉強するチャンス!

投資で未来を描くチャンス!

親子の絆を強くするチャンス!

無駄遣いしない子に育てるチャンス!

 

たくさんのチャンスが生まれます。

お年玉はお子様にとってのボーナスです。

ボーナスは全額使ってしまって良いですか?

お金を大切に使う「お金の上手な使い方」を

学ぶのは子どもの時。

 

小学校で学ぶのは、修学旅行のおみやげの計画など

まだまだお金の使い方についての教育はされていません。

家で、ご家族から教えられて育ちます。

 

未来のお子様がお金で苦労しないでほしいものです。

全部使ってはいけない。

収入以上に使っていけない。

これが本当に大切な事なので子供のうちに身につけておきたいことです。

 

先日のご相談を受けた方の中にカードで買い物をして

カードローンが300万円に膨らんでいる若い男性がいました。

食べるもの、生活すべてをきりつめて返済のために仕事をしているようにみえました。

そうなってしまうと抜け出すのは本当に大変です。

 

大切な、かわいいお子様に将来こんな苦労をする人になってほしくないですね。

お金の知識をきちんと教えるのはご家族の重要な役割と言えるのではないでしょうか?

 

親子で投資が学べる機会ができます。

なぜ「ジュニアNISA」かといいますと、

お子様のお名前で預けて、一緒に考え、投資を学ぶことができるからです。

 

あなたは、投資に詳しい方ですか?

詳しい方がどんなことをしているかお聞きしたのですが、おこづかいを

外貨であげるそうです。そうするといつ日本円に戻して使うと有利かを考えられるようになるからなのだそうです。為替の事が実体験できることになります。

なかなかそこまではできない方が多いでしょう。ご安心ください。先ほどの事例は本当に特別な方の例ですから。

では、どんなことができるのかを考えてみると、ジュニアNISA で実際に自分のお金を投資して体験で学ぶことができます

両親さまと作戦会議を開いたり、途中経過を確認したりして、一緒に学ぶことが家族の絆を深め、学習にとても効果的なのです。

 

ジュニアNISA は年間80万円の枠が用意されています。

直系尊属からの贈与ができる制度として誕生しましたが、枠が使われていないのでしたら、

この枠をお子様との投資の勉強をするための勉強用口座として使うこともできます。

投資したお金のことを知るために親子で実践しよう。

 

実際に世界で活躍するところへお金を投資すると、気になるのが、世界経済の成長などですね。お子様とテレビやニュースでアメリカやヨーロッパの国でどんなことが起きているか一緒に会話することができますね。

また、投資先を知ることができます。日本の会社は今世界でどんな活躍をしているのか、お子さまに知ってもらうこともできます。その投資をしている会社はどんな仕事をしている会社なのか一緒に調べることもできます。将来その会社で働きたいなどという目標ができるかも知れません。

そして、日経平均や為替など一緒に見ていくことで、長い時間をかけて株価と為替の関係など経済の動きを学んでいくことができるのではないでしょうか?

もちろん、投資するのですから、運用結果もチェックして、作戦会議を開き一緒に考えていくことがとても大切に感じます。

お年玉の中から未来のお子様が使うための金額を決めてスタートしてみませんか?

お子様と一緒にあなたも投資家としてきっと成長できますよ!

わからないことがありましたらお気軽にご相談くださいね。

Tags:

コメントは受け付けていません。