確定拠出年金相談ねっと認定FP 木田 美智子

2017年 12月 28日

公務員さん、お正月につみたてNISAの銘柄選びしてみませんか?

こんにちは。あと3日を残すだけになりましたね。

確定拠出年金相談ねっとわーく認定FPの木田美智子です。

 

1年間、お仕事お疲れさまでした。29日から休暇に入られた方も多い事でしょう。

4日の仕事初めまで5連休となります。

何かと忙しい公務員がゆっくり、くつろぎながらご自宅で過ごされる方も多い事でしょう。普段あわただしい日々ではできなことをするチャンスでもあります。
本を読んだり、お出かけしたり、おいしいものを食べたりといろいろご予定はおありかと思います。その中に1つ加えて欲しいことがあります。

 

公務員がつみたてNISAを1番に始めたほうがよい訳は!

つみたてNISAが2018年1月にスタートします。

NISAは使っていなかったけれど、投資も始めてみようかなという方にぴったりな商品なのですね。

特に公務員には、iDeCoの限度額が12,000円と少ないためです。国の非課税を使える枠はiDeCoの他に、このつみたてNISA年間40万円が使えます。金利で増やせなくなっている、今の時代はこの非課税を使うかどうかで大きな差ができます。

 

私の知人の公務員の智子さん(34歳)は以前ご案内した投資信託で運用をしています。

忙しくて預けたきり残高を確認していなかったのですが、先日一緒に結果をみてみました。すると数年前に預けた投資信託が分配金再投資にしていたら、残高がなんと100万円も増えていて本当にびっくりされていました。定期分配するタイプだったので、「自分で貯金しなくても、自動で積立してくれるからですね。」と言って喜ばれていました。

この増えた100万円はもし解約した時には、20.315%の所得税が引かれます。特定口座内で自動で支払われますから、お手間はかからないのですが、20万3150円の税金がかかります。とても大きな金額ですよね。
もう1つ分配金も20.315%差し引かれて再投資に回っていますから、50000円の分配金なら10,157円の税金が差し引かれます。もしこれも非課税ならその分多く積立できることになりますね。

 

つみたてNISAの非課税パワー

もし智子さんがNISAやつみたてNISAを使っていたら、

①100万円の利益に税金がかかりません。全額受け取れます。
②1回あたり5万円の分配金に係っていた税金が40万円の枠内なら非課税で再投資できます。

公務員は収入が安定していますから、つみたて投資がとてもしやすいですね。

20年間そのままおいてもよいと考えると未来のプランが立てやすくなります。

34歳の智子さん 20年間積立を継続し、20年後受け取ると・・。

        始める年齢           受け取る年齢

2018年(35歳)⇛40万円   55歳
2019年(36歳)⇒40万円   56歳
    から
2037年(55歳)⇒40万円   75歳

       

55歳から75歳まで20年間運用してそのまま大切においていると、智子さんの第2ステージに資金を使えそうです。智子さんは、実は2018年4月に出産予定です。その子供の成長と同じようにお金の成長を見守ることができます。お子様のために使うこともできますし、ご自身のために使うこともできます。もちろん20年間待たなくても、払い戻しはいつでもできます。だだ非課税枠の再利用はできません。

 

そう考えると、「いざという時の保険みたい。」と智子さんは思いました。
智子さんは、出産後も産休が終わったらまた働きたいと考えています。周りの先輩の中には3人の子育てをしながら頑張っている人もいます。時間給も取りやすそうです。時短で産後は子育ての時間もいただけそうなので、自分にもできるかなと智子さんは考えています。子育てと一緒にお金も育てているイメージで継続してやっていきたいそうです。

 

ということで、働く励みにもなりますし、ご提案したつみたてNISAは始めたいとの考えです。

産休は3月からですが、このお正月に商品選びをする予定なのです。

そんな智子さんへのアドバイスは

何を選んだらよいの?

確定拠出年金を始めた方はその金融機関のホームページを見てみましょう。

(これから始める方は合わせて比較検討されることをお勧めいたします。)

その中にはつみたてNISAの案内もあるはずです。
つみたてNISA口座の申し込みがまだの方は口座開設から始めます。
証券会社や金融機関のホームページに申し込み方法が明記されています。

智子さんは、SBI証券で確定拠出年金iDeCoをはじめています。つみたてNISAも同じところでする予定です。

ホームページを見たら、選び方のアドバイスが載っていました。話をしているうちに智子さんは草食系と肉食系の両方やってみたいということでした。

 

SBI証券ホームページより 

 

 

銘柄選びにモーニングスターのつみたてNISA総合ガイドをご案内しました。

 

ファンドの一覧に過去の実績評価が★で示されていたり、信託報酬という、手数料も一目でわかります。気になる5種類を選んで比較するを押しますと5商品のさらに細かいデータを見る事ができます。あちこち調べなくて良いのでとても便利です。

 

時間があり、今年は遠出をせず、自宅でゆっくりしたいと考えている智子さんは、メインとなるバランスファンドと、これからの世界の成長を考えて、世界の成長に投資しているものを選びたいと考えています。

つみたて商品は払い戻し後の再利用はできませんが、つみたて商品の変更はできることをお伝えして、金額と商品の組み合わせを決めていただくことになりました。iDeCoの12,000円にプラスして、つみたてNISAで33,000円を積み立てしていく予定です。智子さんは公務員が使える非課税はしっかり使って、老後や子供の将来に備えたいと張り切っていました。

公務員の皆さん、お正月の時間を有効に使って、未来のあなたの資産づくりの一歩を踏み出してみませんか?

仕組みや制度の活用などご興味ありましたら、iDeCoとつみたてNISAセミナーも行います。
是非いらしてくださいね。

【横浜】1月13日(土)10:00~11:30 「確定拠出年金iDeCo・つみたてNISAの活用セミナー」開催のご案内

 

コメントは受け付けていません。