確定拠出年金相談ねっと認定FP 加藤 博

2016年 11月 25日

「確定拠出年金1428億円塩漬け 転職時など手続きなく」 朝日新聞デジタルから

 

こんにちは。
確定拠出年金 相談ねっとわーく  認定ファイナンシャル・プランナーの加藤博です。

portal_icon

 

2016年11月24日 朝日新聞デジタルに 「確定拠出年金1428億円塩漬け 転職時など手続きなく」という記事が掲載されています。

記事引用します

” 企業が設けている確定拠出年金(DC、加入者約548万人)で、運用されずに放置されている年金の預かり資産が1400億円を超えていることが分かった。DCの加入者が転職時などに必要な手続きを取らなかったためだ。資産は厚生労働省が所管する国民年金基金連合会(国基連)に移されて「塩漬け」になり、老後資金を運用する機会を逃している。

国基連や金融機関への取材で判明した。放置されている資産は、2016年3月末で約57万人分、

1428億円にのぼり、前年より約207億円増加。この5年間で2・6倍になった。

資産が「塩漬け」になっている恐れがあるのは、転職で勤務先の企業が変わったり、会社勤めを辞めて自ら事業を始めたりした人ら。確定拠出年金法では、企業が設けたDCの加入者が、DCを設けていない会社へ転職したり、自営業に変わったりした場合、個人型DCへの切り替えや、加入の状況によっては一時金受け取りの手続きを6カ月以内にとる必要がある。“

 

%e8%87%aa%e5%8b%95%e7%a7%bb%e6%8f%9b%e8%80%85%e6%8e%a8%e7%a7%bb%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%95_%e6%9c%9d%e6%97%a5%e6%96%b0%e8%81%9e2016%e5%b9%b411%e6%9c%8824%e6%97%a5

 

引用 朝日新聞デジタル

 

もうひとつ、同じ朝日新聞デジタルの別の記事です

「実名をHP掲示しても持ち主不明 確定拠出年金の放置」

dc%e5%a1%a9%e6%bc%ac%e3%81%91%e3%81%ab

引用 朝日新聞デジタル

 

一部引用します

” 「どの金融機関を選んで、何を選んで投資したらよいのか分からず、手続きをしていなかった」。実際に約100万円の年金資産が「塩漬け」になっている横浜市の会社員女性(33)はこう話す。この女性は昨年夏、都内の外資系商社に転職。前の会社には企業型DCがあって金融機関の説明を受けて運用していたが、転職先にはDCがなかった。前の会社から手続きを促すような連絡もなく、半年後、国民年金基金連合会に自動的に移されたとの通知が届いた。運用されず、手数料が引かれていることを伝えると「預けているのにお金が引かれるのですか。知っていれば早く対応したのに」と悔しがった。“

 

もったいない~

 

せっかくの年金が「塩漬け」になってしまって残念です。

でも、気づいてよかった。

iDeCoの口座を開設して、移換すれば良いのです。

 

記事のような人を増やしてはいけません。

ホント、自動移換はデメリットばかりです。

 

 

確定拠出年金の自動移換とは

 

企業型確定拠出年金に加入していた方が、その資格を喪失した日(退職した日の翌日)の属する月の翌月から起算して6か月以内に「個人型確定拠出年金(iDeCo イデコ)への加入・資産移等の手続きを行わなかった場合、資産は国民年金基金連合会に自動移換され、手続されるまでの間「自動移換者」の資産として預けることになります。

 

この間年金資産は運用されず、将来年金受給時に必要な加入期間にも算入されない扱いとなります。

確定拠出年金は加入期間10年以上の場合、60歳から受け取る事ができます。

 

この「加入期間10年以上の場合」の加入期間に算入されないということは、とても大切な事です。

重要事項です。

 

さらに、以下の手数料が年金資産から引かれます。(支払うことになります)

 

○自動移換時 4,269 円(運営管理機関 3,240 円、国民年金基金連合会 1,029 円)

 

○その他

 

・自動移換者である間の管理手数料(自動移換された後4か月目から) 51 円/月

 

・自動移換者が年金資産を企業型確定拠出年金・個人型確定拠出年金に移換する時 1,080 円

 

一旦自動移換された後、加入等手続き(加入者や運用指図者となる手続き)をされる場合は、自動移換時に上記の手数料を負担したうえで、さらに新規加入時等手数料についても負担することになります。

参照コラム「確定拠出年金の自動移換はデメリットだらけ 注意!」

 

家族集合

 

私たち、ファイナンシャル・プランナーも情報発信をもっと増やしていかなければいけません!

確定拠出年金の制度はわかりにくいところがあります。

「ややこしい」と感じてしまうのは無理もありません。

やさしく解説している本相談ねっとわーくのファイナンシャル・プランナーのセミナー

うまく活用しましょう。

 

相談ねっとわーく を主宰している山中伸枝さんの本も参考になります。

「ど素人が始めるiDeCo (個人型確定拠出年金) の本」

%e5%b1%b1%e4%b8%ad%e3%81%95%e3%82%93ideco%e6%9c%ac

理解ができますよ。

 

 

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab-2016-11-20-12-33-28

確定拠出年金という「制度」についてお伝えするセミナーを行います

 

このような方は是非ご参加ください

 

  • 現在、確定拠出年金をされている方、これからはじめる方
  • 資産形成で後悔したくない方
  • 企業で確定拠出年金の部署で働いている方
  • 保険代理店のマネーセミナー、マネースクールに参加されたことがある方
  • ドル・コスト平均法の本質を知りたい方
  • 積立投資の複利効果があると思っている方

 

主な内容

 

確定拠出年金 制度編

*日本の年金制度と加入関係

*確定拠出年金とは何か?

*企業型、個人型とは何か?

*確定拠出年金改正法成立による制度について

*加入から給付までの流れ

*個人型に加入するためには

*確定拠出年金がはじまった背景とは?

*企業年金の財政悪化について

*勤務先に確定拠出年金制度が導入されていたら、されることになったら

*企業が拠出している掛金の平均額は?

*企業が拠出した掛け金を従業員が返還しなければならないケースがある

*マッチング拠出について

*企業型DC加入者の個人型DC加入について

*選択制確定拠出年金について

*税制上のメリットについて

*現在凍結中の特別法人税について

*60歳までに退職した場合は

*年金の受け取り方法

*制度のメリット・デメリット

*運営管理機関、資産管理機関とは

*自動移換について

*投資信託について

*投資に関すること

*長期投資は誰でも成功するのか?

*確定拠出年金でうまく資産形成するためには?

等々

セミナー日程などのご案内

クリック

417766_7ff66113bdf24b34bce1a8734defc3f4-mv2

 

Tags:

コメントは受け付けていません。