確定拠出年金相談ねっと認定FP 林 智慮

2018年 01月 20日

ビットコイン暴落で思うこと

確定拠出年金相談ねっと認定FP林です。

 

昨年12月に240万円の高値を付けたビットコインですが、一時100万円を割る大暴落をしました。

その後ある程度戻したものの、落ちる前の水準まで戻れないでいます。アルトコインも一時期の高値から大きく下げています。

暴落で損をした人、暴落を利用して得をした人、ネットにはいろいろな記事が見られます。

かつて騒がれたゴックス事件の時は、一部の限られた人にしかビットコインが知られてなったのですが、今回、取引所のCMに人気俳優が登場したこともあり一気に認知度が広がりました。

また、テレビの「億り人」(億を稼いだ人)特集を見て、買われた方もいるでしょう。

 

 

「持っているだけで勝手に増える」と人々が沸き立っている中での急落。

パニック売りが更なる売りを呼びました。

 

反対に、暴落は反発して暴騰することが多いので、チャンスとばかり底値を狙う方もいらっしゃったでしょう。

「落ちてくるナイフは掴むな」という投資格言がありますが、底だと思って全力買いをしたらさらに落ちてしまった経験をされた方もいらっしゃると思います。

底値の全力買いは理想的ですが、底値の見極めが難しい場合、何回かに分散して買い付けると良いでしょう。

 

投資をするときには、良くわからないものには投資をしないのが鉄則です。

ビットコインを持っているだけで勝手に資産が増えていくらしい・・だけで投資するのではなく、どんなものに投資しようとしているのかを調べて、リスクにも納得して投資しましょう。

◯◯さんが言っていたから・・ではなく、自分が自分の考えのもとに判断することが大切です。

 

コインそのものに投資する他に、企業が新規事業の資金調達をするICOという手段があります。

出資者から仮想通貨を受け取り、引き替えに新規上場予定の通貨と引き替えられるトークンを発行。仮想通貨売買益を元に新規事業を開発。新規の仮想通貨として上場すると、投資家は新しい通貨の値上がり益が得られる仕組みです。

しかし、詐欺案件であったり、事業の失敗があったり、リスクは伴います。

やはり、調べて調べて、リスクについても納得して判断することが必要です。

 

投資は余剰金で。借り入れしてまでも投資しないことです。

 

 

一攫千金が実現出来るかもしれませんが、老後資金作りはあまりリスクを取らず手堅くしたいですね。

 

 

(注意)投資をするときに気をつけるほんの一部を書きました。

    ビットコイン購入を推奨するものではありません。

 

 

 

 

 

Tags:

コメントは受け付けていません。