確定拠出年金相談ねっと

確定拠出年金相談ねっと

2017年 08月 05日

山中塾は、こんなFPさんを求めています

こんにちは、確定拠出年金相談ねっと代表の山中伸枝です。

私は、2016年より「山中塾」という勉強会を開催しています。

山中塾は確定拠出年金のプロを育成することを目的とした勉強会で、参加者は数日の研修を経て、塾を卒業した後は、隔月のフォローアップセミナー、独自認定FPサイトでのコラム発信、セミナー開催、個人相談などファイナンシャルプランナーとして活躍していただいております。

そもそも私が山中塾を作った理由は、「日本にFP相談という文化をしっかりと根付かせたい!」なんて壮大な想いから始めたんです。

大きすぎて笑ってしまいそうですが、私は本気です!

 

お金の相談って、生活者はどこにしているのでしょうか?

銀行?保険会社?証券会社?

 

そこでの相談に、納得感はあるのでしょうか?

難しい言葉を並べられてイマイチよく分からないまま契約した。

お勧めといわれて買ってみたけど、またすぐに買い替えを勧められ損をした。

 

 

そういう残念な経験をする方の方が多いのではないでしょうか?

でもね、これある意味当たり前なんですよね、だってそれぞれの会社は「商品を売る事を商売にしている」から。

どうしても、売上を考えて売りたい商品をお勧めする「ビジネスの仕組み」なんですよね。

でもこういった金融機関のお客様との向き合い方に、今金融庁が大きな改革を求めています。これが「顧客本位の業務運営に関する原則」として発表されている指針でありいわゆる「フィデューシャリーデューティ」です。

もっとしっかりお客様に寄り添いなさいよ!自分の売りたい商品を売っていちゃダメですよ!と金融庁が各金融機関にダメ出しをしている訳です。

これ、ものすごく大事なことですよね。

生活者のお金を守るための取り組みですから。

 

ただし、この顧客本位の業務運営ってなにも金融機関側の問題だけではないと思うんですね。もっと生活者から厳しく金融機関に、顧客本位の対応を求めていかなければならないし、そのためにも生活者はなにが自分たちにとっての「本位」なのかを知らなければならないと思うんです。

でも、残念ながら金融機関と一般生活者との知識情報のかい離はものすごく大きいんですよね。

これでは、生活者が金融機関を選ぶ正しいジャッジができないんですよ。

 

では、どうしたら良いか?

 

私は今こそファイナンシャルプランナーの出番だと思うのです。お金の家庭教師として、生活者によりそい、金融機関をジャッジするだけの知識情報を提供する専門家です。

「お客様のために働く」ファイナンシャルプランナーです。

 

現状ファイナンシャルプランナーの多くは金融商品の販売を生業とした人が多いです。しかし、少しずつですが、商品を売るためではなく、お客様のためにはたらきたいと思っているFPはいますし、近い将来そうなりたい、そうありたいと思っているFPもいます。

 

私は、そんな志のあるFPとネットワークを組み切磋琢磨していきたい!そんな想いで始めたのが山中塾です。

現在山中塾は確定拠出年金を中心に勉強会を進めています。なぜかというと、確定拠出年金は国の制度であるから、金融商品のように「コミッションがとれない」仕組みだからです。つまり、「売りたいから売る」ということが、そもそもできない仕組みなので、お客様にアピールするにしても伝わりやすいし、FPとしても、お客様に提案するのにとてもクリーンでフェアな仕組みだからです。

しかも、内容はカンタンではない(笑)

そこが、向上心を掻き立てるもとにもなっています。確定拠出年金は、公的年金の仕組み、税金、資産運用といった3つの分野を熟知しないと提案できません。またお客様に分かりやすく伝えるプレゼン能力も必要です。確定拠出年金はライフプラン構築の重要な部分を担いますが、それだけではお客様のライフプランは支えられません。すなわち、お客様の人生観などを理解するヒアリング能力と、様々なFPとしての知識が求められます。

そんな仲間、いないかな~と思い、今山中塾の第6期生を大募集中なのです^^

山中塾募集のご案内ページはこちらです。

 

商品販売を生業とせず、お客様からいただく相談料でビジネスをしているFPを独立系FPと言いますが、今日本にそれほど多くないというのにはやはり理由があるんですね。

ズバリ、なかなかビジネスとして成功させるのが難しいから・・・

でも、だからこそチャレンジなんですよね!

私も、なんとか独立系FPとしてビジネスを成り立たせるだけのステージに立てるようになりました。簡単ではなかったけれど、十分お客様にもFPへの有料相談に価値を見出していただけるだけの実績は築けてきたのではないかなとも思っています。

ただし、生活者にFP相談の価値を認めていただくようになるには、もっともっと多くの独立系FPが存在しアピールしなければならない、だから山中塾なんです。

現在、商品販売をしている方であっても構いません。心からお客様本位のご提案をしていきたい、お客様のライフプランを支えていきたいという方がいらっしゃいましたらぜひ山中塾に参加していただきたいと思っています。

もしこのコラムを読んでいただけた方で関心をもってくださるようであれば、ぜひお声がけくださいませ。

メールはこちらからお願します。

 

この記事を読まれた方がよく読む記事

Tags: