確定拠出年金相談ねっと

確定拠出年金相談ねっと

2009年 11月 05日

生命保険料の目安

国の遺族保障は職業やその方の収入などによって大きく左右されます。

 

例えば現行日本の制度では、小さい子供をかかえた会社員の妻は手厚い遺族保障が受けられますが同じく小さい子供を抱えた妻であっても自営業者の妻は生涯にわたって受けられる遺族保障はありません。

また会社員の妻が亡くなっても夫は遺族厚生年金をすぐに受け取ることができません。

受給年齢に制限があるからです。

 

このように、保険は各家庭の事情に応じてそれぞれ必要な保障を準備するべきです。

最近の保険の傾向として被保険者死亡時に一時金として数千万円の保険金を受け取るのではなく、給与のように毎月決まった金額を死亡保険金として受け取るタイプの方が分かりやすいと人気です。

 

例えば万が一の時遺族の経費が毎月30万円かかると予想されるのに対して遺族保障の合計が15万円であればその差額15万円を子どもが大学を卒業するまでの期間契約をするというスタイルです。

この場合保険会社にもよりますが、30歳男性で月々の保険料は3,700円程度です。(保険期間25年の場合)また煙草を吸わない、肥満等の健康上の問題がないとなるとさらに保険料は安くなります。

この記事を読まれた方がよく読む記事

Tags: