確定拠出年金相談ねっと

確定拠出年金相談ねっと

2009年 10月 12日

住宅を守る保険

日本は木造住宅が多くまた住宅同士が密集している関係で火災が多いと言われています。そのような背景も影響し、日本には「失火責任法」という法律があり、重過失(故意に近い著しく注意を欠いた状態、寝たばこや揚げ物の鍋を火にかけっぱなしにして台所を離れたなど)以外は失火の責任を問わない、つまりもらい火で我が家が全焼してもどこからも補償は下りないのが現状です。

 

そのため「我が家は自分で守る」必要があります。万が一火事で住宅が燃えてしまっても、住宅ローンは残りますし、加えて家を建て直そうとすると更に借金を増やさなければならなくなってしまいます。このような時の備えが火災保険です。

 

火災保険は建物と家財別々に保険をかけます。また賃貸住宅に住んでいる場合も、家財に保険をかけた方が安心です。

火災保険火災保険契約時の注意点

火災保険の保険金額は適切な額でかけなければ万が一の時に役にたちません。火災保険に加入していれば、火事で家が全焼しても家の建て直しができる、と思っていると大間違いです。

 

保険をかける基礎となる「家の値段」には「時価」と「再調達価額」の2種類があります。時価とは、今現在の家の価値のことです。当然新築の家と中古の家では価値が違います。一方再調達価額とは、これまで住んでいた家と同等の住宅を建てるためには必要なお金です。

 

つまり家が全焼してもう一度家を建てたいと思えば、「再調達価格」で保険金額を設定しなければならないということです。古い家だからといって「時価」で保険金を設定してむやみに保険料を安くしていると、家が全焼しても「時価」分しか保険金はおりません。これでは万が一の火災に備える意味では不完全です。また火災保険は、損失の状況に応じて保険金が支払われますから、契約内容を今一度確かめておきましょう。

 

また火災保険は、火災、落雷、雪災などで保険金がおります。また商品によっては、水害による被害も補償する保険もありますが、これは高台に住まいがある、マンションの10Fなどという場合は、あまり必要性は高くありません。その場合は、水害による補償がない保険を選ぶと保険料が安くなります。また最近はホームセキュリティをつけていると保険料が割引になる火災保険もあります。このように我が家にはどんな保険が必要なのかを考えたうえでの保険選びがやはり大切なのです。

 

また地震に対する備えは、プラスαで考えなければなりません。これは地震による火災は火災保険ではおりないからです。地震保険はまた独特のルールをもとに設定されているので、こちらも確認の上加入を検討します。

この記事を読まれた方がよく読む記事

Tags: